里崎智也が引退

Pocket

千葉ロッテの捕手、里崎智也が引退を発表しました。38歳。左膝を痛めていたそうです。
9月12日に行われた引退会見で、一番の思い出として2005年10月17日のプレーオフ、対ソフトバンク第5戦の逆転ツーベースを挙げていました。

1対2のビハインドで迎えた8回表。先頭はこの年を最後に引退する代打の初芝。三遊間のゴロになるがサードのバティスタとショートの川崎が交錯して内野安打。(下の動画の5:20から)
続く福浦がライト前。セカンドのダイレクトキャッチを警戒した初芝はスタートが遅れ、ライトの好送球もあり二塁はクロスプレーになるもセーフ。
無死一二塁でサブロー。ソフトバンクはこの年、22セーブの守護神・馬原に交代。バントも考えられたが強攻して一塁後方へのファウルフライ。一死一二塁に。
続く里崎は初球、低めのストレートを弾き返し、福岡ドームの高いライトフェンス直撃の二塁打。初芝に続き、福浦が本塁クロスプレーで生還。ロッテは逆転に成功、3対2。(下の動画の12:00から)
ロッテはこれを守りぬき、勝利。3勝2敗でプローオフを制し、パシフィック・リーグ優勝。

里崎と言えば強肩、そして超積極的な打撃。このしびれる場面、いきなり打ちますか。
しかし「捕手は若い的場。次打者は強打者のベニー。ゲッツーで終わらせたいからインハイのストレートで来る」と読んでいたというのです。実際は低めでしたが。

初芝のときは最後の年に日本一でしたが、里崎のときはダメでした。せめてクライマックス出場くらいはしてほしかったです。
引退後はどうするのでしょう。まずは結婚でしょうか。

里崎 智也(さとざき・ともや)1976年5月20日、徳島県生まれ。38歳。鳴門工から帝京大を経て、98年に逆指名によりドラフト2位でロッテ入団。2006年WBCは打率4割9厘でベストナイン。06、07年にベストナインとゴールデン・グラブ賞獲得。08年には北京五輪に出場。通算成績は1088試合に出場し、打率2割5分6厘、108本塁打、458打点。175センチ、94キロ。右投右打。年俸1億6000万円。(スポーツ報知)

[ 2014年9月13日 | カテゴリー: マリーンズ | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報