「東京電力の電気使用状況 API」を使う

Pocket

東京電力から電力の使用状況が公開されましたが、これをJSON形式で扱えるAPIを公開しているサイトがありました。

東京電力の電気使用状況 API

これを試してみます。
JSON形式なのでJavaScriptで簡単に使うことができます。
データ例は次の通りです。

{"hours":[2990,2850,2770,2710,2700,2830,3100,3350],"capability":3850,"updated":"2011-03-25 08:05:00"}

hoursは午前0時から1時間毎の電力です。現時点までの情報が配列で得られます。単位は万キロワット。
capabilityは電力の最高限度です。
updatedは更新時刻です。

サンプル

サンプルは次の通りです。
なおJavaScriptの部分についてはjQueryを使っています。

HTML
<html>
<body>
<div id="main"></main>
</body>
</html>
JavaScript
var td = new Date();
var ymd = td.getFullYear() * 10000 + (td.getMonth() + 1) * 100 + td.getDate();
$.getJSON("http://denki.cuppat.net/data/" + ymd + ".json", function(json){
  $("#main").append("<p>" + td.getDate() + "日</p>");
  var hrs = json.hours;
  var cap = json.capability;
  var upd = json.updated;
  $("#main").append("<ul>");
  var temp;
  for(var i = 0 ; i < hrs.length ; i++){
    temp = i + "時 " + hrs[i] + "万kW (" + Math.floor(hrs[i] * 100 / cap) + "%)";
    $("#main ul").append("<li>" + temp + "</li>");
  }
  $("#main").append("<p>" + upd.replace(/.* (..):(..):.*/,"$1:$2 更新")+"</p>");
});

[ 2011年3月26日 | カテゴリー: JavaScript | タグ: , , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報