PowerPointでノートを印刷する方法

PowerPointでスライドを作成する場合、作成者用のコメントを各スライドにセットすることができます。
これを「ノート」と言います。
通常に印刷するとノートは印刷されません。 (さらに…)

PowerPointで罫線の太さや色を一括して変更する方法

Excelが好まれる理由として罫線の引きやすさというのがあると思います。
一方でWordやPowerPointは罫線が扱いにくいです。特にPowerPointは難しいです。
そこで、PowerPointで罫線の種類、太さ、色を一括して変更する方法を紹介します。PowerPoint2013で確認しました。 (さらに…)

PowerPointで差し込み印刷

Wordには差し込み印刷という機能がありますが、PowerPointにはありません。
VBA(マクロ)を使ってExcelのデータをPowerPointに差し込んで保存する方法を考えました。
一応、動きましたので、自分のメモとして残しておきます。
PowerPoint2013、Excel2013で確認しました。 (さらに…)

Wordの文書からPowerPointのスライドを作る

Wordで文書を作成し、PowerPointにインポートしてスライドを作る方法です。
既にテキストファイルなどがある場合に役に立つかもしれません。2007で確認しました。

Wordでの作業

  1. Wordで文章を書く。
  2. 各行について、ホーム-スタイルで見出しをセットする。
    • 「表題」または「見出し1」をセットした行がスライドのタイトルになります。
    • 「見出し2」「見出し3」がスライドの箇条書き(階層を反映)になります。
  3. Word文書として保存する。

PowerPointでの作業

  1. Officeボタン-開くを選択。
  2. 「ファイルを開く」ダイアログでファイルの種類を「すべてのアウトライン」を選択。先に書いたWord文書を選択して「開く」をクリック。
  3. スライドが作られる。

あとは適当に手直しすれば完成です。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報