MySQLでテーブルを作成

MySQLを使ったブログシステムをPHPで作っています。
テーブルを作成するときは、phpMyAdminを使って手作りをしているのですが、面倒です。
PHPで一気に作る方法をまとめました。 (さらに…)

Accessのクエリを他人に渡す方法

データベースから別のテータベースにクエリをコピーするには、コピー&ペーストでできますが、他人にクエリを渡すのは意外に面倒です。
データベースそのものをメールに添付して送信する方法がありますが、ここではSQLそのものを送信する方法を書きます。
SQLはクエリのデザインを文字列で表現したものですので、メールの本文に書いて送信することができます。

受け渡す側

  1. 渡したいクエリを開く。
  2. メニューの ホーム-表示-表示-SQLビュー を選択。
  3. SQLが表示される。これをコピーしてメール等で送信する。

受け取る側

  1. メニューの 作成-その他-クエリデザイン を選択。
  2. 「テーブルの表示」ダイアログが表示されたら「閉じる」をクリック。
  3. メニューの デザイン-結果-表示-SQLビュー を選択。
  4. 「SELECT;」と表示されている部分に、コピーしたSQLを貼り付ける(右クリックして 貼り付け など)。
できるポケット 仕事に使えるAccessクエリの便利ワザがマスターできる本 改訂版 2007/2003/2002対応

できるポケット 仕事に使えるAccessクエリの便利ワザがマスターできる本 改訂版 2007/2003/2002対応

Access2007で追加クエリと削除クエリを使う

追加クエリ

テーブルAにテーブルBのレコードを追加する場合の手順は次の通り。

  1. テーブルBをクエリで開く。ここで条件を絞れる。
  2. クエリの種類-追加をクリック。テーブルAを選ぶ。
  3. 「レコードの追加」の行で追加したいフィールドを指定する。
  4. 結果-実行をクリック。

指定していないフィールドは空になる。オートナンバー型になっているフィールドは自動的にセットされる。

削除クエリ

テーブルAのレコードを削除する場合の手順は次の通り。

  1. テーブルAをクエリで開く。ここで条件を絞れる。
  2. クエリの種類ー削除をクリック。
  3. 結果-実行をクリック。

Accessで更新クエリを使う

table_oldというテーブルとtable_newというテーブルがあるとします。
table_oldの内容valueの値をtable_newの内容valueの値に置き換えるには更新クエリを使います。
Access2007、Access2013で確認しました。 (さらに…)


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報