五輪出場プロレスラーで最も実績があるのは?

Pocket

ジャンボ鶴田は、中学では野球をやっていましたが、相撲部屋に体験入門したところ新弟子検査に受かってしまい急遽取り消すということがありました。
高校ではバスケットで2年生、3年生でインターハイに出場しました。
大学は中央大学に一般入試で合格し、レスリング部に入ろうとしましたが断られ、自衛隊のレスリング道場で練習を始めたところ短期間で強くなり、4年のときに中央大学レスリング部に入部しました。
そしてモントリオール五輪に出場し、その後、全日本プロレスに入団します。

このように五輪出場経験があるプロレスラーは他にもいます。
調べてみたところ意外に少なかったです。メダル獲得もいません。
最も実績があるのは五輪に3回出場した本田多聞ということになると思います。

名前 サンダー杉山 マサ斉藤 ジャンボ鶴田 長州力 谷津嘉章 馳浩 本田多聞 中西学
生年月日 1940-07-23 1942-08-07 1951-03-25 1951-12-03 1956-07-19 1961-05-05 1963-08-15 1967-01-22
学歴 明治大学 明治大学 中央大学 専修大学 日本大学 専修大学 日本大学 専修大学
1964 東京 グレコ
97キロ超
フリー
97キロ超
1968 メキシコ
1972 ミュンヘン グレコ
100キロ
フリー
90キロ
1976 モントリオール フリー
90キロ
1980 モスクワ フリー
100キロ
1984 ロサンゼルス グレコ
90キロ
フリー
100キロ
1988 ソウル フリー
100キロ
1992 バルセロナ フリー
130キロ
フリー
100キロ

[ 2021年9月25日 | カテゴリー: 格闘技 | タグ: , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報