「object is not iterable」の原因

Pythonで辞書のキーを列挙しようとしたところ、次のようなエラーメッセージが出ました。 (さらに…)

8月になって発生したエラーの原因

JavaScriptで書いたコードがあり、昨年末あたりから使っているのですが、8月になって、突然、エラーが発生しました。正確にはエラーでなくバグですが。
「すべてがFになる」という傑作ミステリがあります。これのメイントリックに似た現象で面白かったのでメモしておきます。 (さらに…)

VBAのエラートラップを使うには

Excelのマクロでエラーが発生したとき、通常はそこで処理が止まります。
「On Error GoTo」構文を使えばエラーが発生したときに別の処理を実行させることができます。

この「エラートラップ」を使うためには、VBエディタの設定をしておく必要があります。もし「On Error GoTo」構文が正しく動かないときはここをチェックしてください。 (さらに…)

JavaScriptでエラーメッセージを設定

JavaScriptで、例えばユーザー定義関数などで意図しない値が与えられたときに処理を止めるとします。
このときにエラーメッセージを表示させる方法です。

if(nen>2099){
  throw new Error("年が範囲外です。");
}

「throw new Error」として新しいエラーオブジェクトを作り処理を止めます。
プログラミングをしているとよく目にする「オブジェクトでサポートされていないプロパティまたはメソッドです。」のように表示されます。

プラグインの有効化で出るエラー

WordPressのプラグインを自作して有効化しようとしたところ、次のようなエラーが出ました。 (さらに…)

Wordマクロで「ファイルアクセス権のエラー」

Wordマクロ(VBA)でこんなエラーが出ました。

「実行時エラー'5487' ファイルアクセス権のエラーのため保存できません。」

今回のケースでは、ファイル名に改行が入っていました。「エラーメッセージと違うじゃないか!」と思いますが、広い意味ではそうなのでしょう。

サンプルは次の通りです。

Sub test()
    temp = ActiveDocument.Paragraphs(5).Range
    temp = Mid(temp, 1, Len(temp) - 1)
    fn = temp & ".doc"
    ActiveDocument.SaveAs (fn)
End Sub

アクティブなWord文書の5番目の段落の文字列に「.doc」を追加し、これをファイル名として保存する、というものです。
「Pragraphs」を使うと段落を取得することができるのですが、改行を含んでしまいます。
そこで「temp = Mid(temp, 1, Len(temp) - 1)」のようにして右端の文字(改行)を除きます。
これで正しく処理されました。

「Gmail では cookie を有効にする必要があります」が出たら

FirefoxでGmailを使おうとしたら「Gmail では cookie を有効にする必要があります」というメッセージが出て使えません。
実際は、設定の問題ではなく、クッキーが増えすぎて不具合が生じた、ということのようです。

  1. クッキーをすべて削除する。
  2. PCを再起動する。

これで使えるようになりました。
なおクッキーを削除してもFirefoxの自動入力機能についてはデータが残っています。特段、困ることはないと思います。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報