野球世界大会における日本代表の成績一覧

第4回WBCが始まりました。日本はキューバ、オーストラリアに勝ち、第1ラウンド突破をほぼ確実にしています。

これまでの野球の世界大会の日本の成績について一覧にまとめました。
全員がプロ選手となったアテネ五輪以降が対象です。 (さらに…)

リオ五輪でメダル獲得数が最高に

リオ五輪が終わりました。
金12個、銀8個、銅21個、合計41個のメダルを獲得。ロンドン五輪を抜いて過去最高だそうです。 (さらに…)

体操男子団体総合5連覇のメンバーの変遷

リオ五輪の体操男子団体総合で日本代表が金メダルを獲得しました。快挙ではありますが日本にはもっと強い時期がありました。
1960年のローマ五輪から1976年のモントリオール五輪までの5大会連続で金メダルを獲得しています。
このときのメンバーの変遷をまとめてみました。 (さらに…)

荻原健司は「おぎ」or「はぎ」?萩と荻の違い

ソチ冬季五輪で渡部暁斗がノルディック複合で銀メダルを獲得しました。
そこでクローズアップされているのがキングオブスキーの荻原健司。五輪や世界選手権で優勝したこともあるノルディック複合の選手で、参議院議員を経て現在は渡部選手が所属する北野建設のスキー部長だそうです。
「荻原健司は『おぎわら』?『はぎわら』?」と悩む人もいると思いますので覚え方を紹介します。 (さらに…)

東京が選ばれた過程をグラフで

国際オリンピック委員会はブエノスアイレスで開かれた総会において2020年五輪の開催都市に東京を選びました。

この投票の過程を円グラフにしてみました。
候補は東京、イスタンブール(トルコ)、マドリード(スペイン)の3都市。 (さらに…)

ロンドン五輪、日本のメダル獲得数は過去最高

ロンドン五輪が終わりました。
金7個、銀14個、銅17個、合計38個のメダルを獲得。アテネ五輪を抜いて過去最高だそうです。

しかし金メダルが少ないです。
柔道で1個しか獲れませんでした。
金7個の内訳は柔道1、体操1、レスリング4、ボクシング1。

戦犯は反町

北京五輪サッカーは予選リーグ二連敗で敗退が決定。
本田ケイスケが大きなことを言うだけで何もやらなかったということで戦犯決定だが、オーバーエージを一人も使わないという大失敗をやらかしたバカ監督も戦犯である。

日本、アメリカに負ける(北京五輪サッカー)

いよいよ明日開幕の北京五輪ですが、サッカー男子は1日早く今日から。
まず、アメリカとの試合。
決定的なチャンスを何度もつぶした日本が、0対1で敗れました。
勝てたんじゃないか。いや、勝たなくてはいけなかったんじゃないか。 (さらに…)


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報