ロッテ、エラーで自滅(2010年、対ソフトバンク)

Pocket

ロッテはエラーがらみで失点を重ね、1対3でソフトバンクに敗れました。クライマックスシリーズファイナルステージは1勝2敗となりました。
ロッテが2安打、ソフトバンクが4安打と両投手が良かったので、ミスをした方が負けるのは当たり前かもしれません。

Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ロッテ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
ソフトバンク 0 2 1 0 0 0 0 0 x 3

二回一死一塁から松田の三ゴロを今江が二塁に悪送球。三失で一死一、二塁とされ、ペンが江川に四球を許し満塁。そして、山崎に右前打を浴び2点を失った。三回にも本多の二ゴロを井口が悪送球して出塁を許すと、盗塁を刺そうとした的場の二塁への送球もそれ本多は三進。小久保の犠飛でさらに1失点し、失策がすべて相手の得点に絡んでしまった。(サンケイスポーツ)

[ 2010年10月15日 | カテゴリー: マリーンズ | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報