カレンダー画像を作成する「カレンダー作成機」

月別のカレンダーを画像で作成するツールを作りました。
画像のサイズ、フォント、そのサイズ・色などを変えることができます。

カレンダー作成機

フォントはフリーフォントを使っています(Arialを除く)。フォントを変えるとがらっと印象が変わります。 (さらに…)

JavaScriptで休日を判定する関数

「国民の祝日に関する法律」があり、日本の祝日、休日について定められています。
JavaScriptで休日、すなわち祝日と日曜日と振替休日を判定する関数を作りました。
前にJavaScriptで祝日を判定する関数で紹介したgetNationalHolidayが必要です。
今回紹介するgetHolidayはgetNationalHolidayで取得した祝日と日曜日の関係から振替休日を判定しています。 (さらに…)

JavaScriptで祝日を判定する関数

2007年以降の日本の国民の祝日を判定する関数を作りました。その日が祝日であればその名称、祝日でなければ空文字を返します。
2016年から実施の「山の日」にも対応しています。

2019年2月22日追記
2019年対応、2020年対応について反映しました。 (さらに…)

ブラジルW杯(予選リーグ)Googleカレンダー用CSV

ブラジルで行われる2014FIFAワールドカップの予選リーグについて、試合予定をGoogleカレンダーにインポートするためのCSVを作りました。

ブラジルW杯予選Googleカレンダー用

日本とブラジルの時差はちょうど12時間ですが、一部11時間のところがあるようです。

GoogleカレンダーからExcelにデータを移行する方法

GoogleカレンダーからエクスポートするとiCalendarファイル(iCal形式)というテキストデータになります。
例えば、千葉ロッテの今年の日程をエクスポートすると次のようになります。 (さらに…)

Googleスプレッドシートから「終日」をGoogleカレンダーにインポート

以前、「GoogleスプレッドシートからGoogleカレンダーにインポート」という記事を書きました。
コメントで「終日データをインポートする方法を教えろ」というリクエストをいただきましたので、調べてみました。

通常は「createEvent」というメソッドを使うのですが、終日データの場合は「createAllDayEvent」を使います。

Class Calendar - Google Apps Script — Google Developers

「タイトル」「日付」「説明」の三つの項目をインポートする方法を紹介します。基本的な手順については「GoogleスプレッドシートからGoogleカレンダーにインポート」を参照して下さい。 (さらに…)

2015年9月は祝日間の休日で4連休

来年のカレンダーに再来年のミニカレンダーがおまけに付いていました。
2015年9月を見ると20日(日)から23日(水)まで4連休でした。週休二日ならば5連休になります。

13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26

「国民の祝日に関する法律」は次の通りです。

第三条 「国民の祝日」は、休日とする。
2 「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。
3 その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。
第二条 「国民の祝日」を次のように定める。
(省略)
敬老の日 九月の第三月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
秋分の日 秋分日 祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ。
(省略)

2015年9月は、21日が敬老の日、23日が秋分の日(見込み)となるので、22日が休日になります。

このような9月の4連休は2009年が最初で、次が再来年の2015年。
その次は2026年になる見込みです。

GoogleスプレッドシートからGoogleカレンダーにインポート

Google Apps Scriptという仕組みがあります。
「Googleでの作業を自動化する」というようなことができます。
次のサイトで概要を知ることができます。
Google Apps Script入門 (全16回) - プログラミングならドットインストール

この仕組みを使ってGoogleドライブのGoogleドライブのスプレッドシートにセットしたスケジュール表をGoogleカレンダーにインポートする方法を紹介します。 (さらに…)

祝日に対応したカレンダーを挿入するjQueryプラグイン

JavaScriptで日本の祝日を判定する関数を書いたので、ついでにカレンダーを挿入するjQueryプラグインを書いてみました。
使い道がよく分からないですが。

プラグインです。
jquery.calendar_jp

年間カレンダーを作るサンプルです。
sample1

一か月カレンダーを作るサンプルです。
sample2

「土日」が5回ある月

前に「金土日」が5回ある月について書きました。
今回は「土日」が5回ある月について調べました。
通常、カレンダーは日曜日から始まり土曜日に終わり、5段で表わされます。
そのため「土日」が5回あると、カレンダーの左下の2段がむりやり1段にまとめられてしまいます。
例えば今月(2012年12月)は次の通り。

こんな日に誕生日が当たる人は怒っていないのでしょうか。
このような状態を私は「クジラのくち」と呼ぶつもりです。

2039年までの「土日」が5回ある月をリストアップしてみました。
以後、28年周期で繰り返されます。

2012年 9月、12月
2013年 3月、6月
2014年 3月、8月、11月
2015年 5月、8月
2016年 1月、7月、10月
2017年 4月、7月、12月
2018年 9月、12月
2019年 3月、6月
2020年 5月、8月
2021年 1月、5月、10月
2022年 1月、7月、10月
2023年 4月、7月、12月
2024年 3月、6月
2025年 3月、8月、11月
2026年 5月、8月
2027年 1月、5月、10月
2028年 1月、4月、7月、12月
2029年 9月、12月
2030年 3月、6月
2031年 3月、8月、11月
2032年 5月、10月
2033年 1月、7月、10月
2034年 4月、7月、12月
2035年 9月、12月
2036年 3月、8月、11月
2037年 5月、8月
2038年 1月、5月、10月
2039年 1月、7月、10月

新しい記事 | 古い記事

タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報