ジェネシスのメンバーの変遷

Pocket

先日、こんな本を読みました。

PHPの解説本なのですが、著者がイギリスのロック・バンド、ジェネシスのファンらしく、配列か何かの説明でジェネシスのメンバー名を例に挙げていて、分かりにくいこと、この上ありませんでした。
私はジェネシスを知っていますが、一般の人ははたしてどれほど知っているのか。

とは言え、私もあまり詳しくはなく、どこでボーカルが変わったのか、はっきりしなかったので、一覧表にしてみました。

アルバム ボーカル ドラム キーボード ベース ギター
From Genesis To Revelation 1969 ピーター・ガブリエル ジョン・シルバー トニー・バンクス マイク・ラザフォード アンソニー・フィリップス
Trespass 1970 ピーター・ガブリエル ジョン・メイヒュー トニー・バンクス マイク・ラザフォード アンソニー・フィリップス
Nursery Cryme 1971 ピーター・ガブリエル フィル・コリンズ トニー・バンクス マイク・ラザフォード スティーヴ・ハケット
Foxtrot 1972 ピーター・ガブリエル フィル・コリンズ トニー・バンクス マイク・ラザフォード スティーヴ・ハケット
Selling England By The Pound 1973 ピーター・ガブリエル フィル・コリンズ トニー・バンクス マイク・ラザフォード スティーヴ・ハケット
The Lamb Lies Down On Broadway 1974 ピーター・ガブリエル フィル・コリンズ トニー・バンクス マイク・ラザフォード スティーヴ・ハケット
A Trick Of The Tail 1976 フィル・コリンズ トニー・バンクス マイク・ラザフォード スティーヴ・ハケット
Wind & Wuthering 1976 フィル・コリンズ トニー・バンクス マイク・ラザフォード スティーヴ・ハケット
...And Then There Were Three... 1978 フィル・コリンズ トニー・バンクス マイク・ラザフォード
Duke 1980 フィル・コリンズ トニー・バンクス マイク・ラザフォード
Abacab 1981 フィル・コリンズ トニー・バンクス マイク・ラザフォード
Genesis 1984 フィル・コリンズ トニー・バンクス マイク・ラザフォード
Invisible Touch 1986 フィル・コリンズ トニー・バンクス マイク・ラザフォード
We Can't Dance 1991 フィル・コリンズ トニー・バンクス マイク・ラザフォード
Calling All Stations 1997 レイ・ウィルソン - トニー・バンクス マイク・ラザフォード

アルバムごとに参加したメンバー名を並べてみました。
フィル・コリンズが参加するのは3枚目で、ボーカル兼任になるのは7枚目。「…And Then There Were Three…(そして3人が残った)」の9枚目でマイク・ラザフォードがギター兼任になった、と。
ピーター・ガブリエルがボーカルの最初の6枚とフィル・コリンズがボーカルの8枚はまったく別のバンドと言っていいと思います。
私が一番、よく聴いたのは「Genesis」です。

関連記事

[ 2011年2月12日 | カテゴリー: 音楽 | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報