Excelで取消線の付いた文字を削除するマクロ

Pocket

Wordには変更履歴を記録する機能があります。
文字を削除すると自動的に取消線を施すように設定できます。
最終版ができた際は自動的に取消線を消して該当する文字を削除することができます。
Word2007ならばメニューの校閲-変更箇所-承諾-ドキュメント内のすべての変更を反映を選択します。

Excelの場合はどうでしょうか。
Excelでも取消線を施すことができます。セル全体だけでなく文字単位で取消線をセットできます。
しかし変更履歴を記録しているわけではないので、単に文字に取消線が付いているだけの飾りです。
そこで選択範囲の取消線の付いた文字を一気に削除するマクロを考えました。

Sub 選択範囲の取消線の付いた文字を削除()
    For Each myCell In Selection
        textBefore = myCell.Value
        textAfter = ""
        For i = 1 To Len(textBefore)
            If myCell.Characters(Start:=i, Length:=1).Font.Strikethrough = False Then
                textAfter = textAfter & Mid(textBefore, i, 1)
            End If
        Next i
        myCell.Value = textAfter
    Next myCell
End Sub

該当する文字を含むセルを選択し、このマクロを実行します。
セル全体に取消線が付いている場合は全体が削除されますし、文字単位で取消線が付いている場合はその文字だけが削除されます。
ただし部分的に色を付けたりサイズを変えたりしている場合は、その効果が消えてしまいますので、注意してください。

[ 2011年8月31日 | カテゴリー: Excel | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報