Cowboys From Hell - Pantera

これほどギターとドラムスが融合したイントロを他に知らない。パンテラの「The Art of Shredding」である。
八分で連打されるバスドラムに金属的なスネア。唸るようなギターが切り込む。やがてギターは激しいリフに展開し、ドラムスがそれに呼応する。まさに「切り刻みの美学」だ。
ボーカルの中途半端な叫びが割り込んで、スラッシュ・メタルが好きな者にとって幸せな1分5秒が終わる。楽曲の本編は至って凡庸である。
私はこのイントロだけを繰り返し聴いている。
この息の合ったドラムスとギターの組合せは兄がリズム担当の典型である。

関連記事

[2015-04-11]

Pantera,1990年

5150 - Van Halen | Solid State Survivor - Yellow Magic Orchestra

© 2014 - 2018 You Look Too Cool