ディオに関するエピソード

1982年、アンスラックスのスコット・イアンがデビュー前にロニー・ジェイムス・ディオに挨拶した。
1987年に再会した際、ロニーは最初に会ったときのことを覚えていた。

「君のバンド、アンスラックスのことを話してくれたじゃないか、忘れるわけがないじゃないか」

https://amass.jp/159091/

デフ・レパードのヴィヴィアン・キャンベルは以前、ディオに加入していた。
ディオを離れたのは脱退ではなく、ディオのマネージャーであるウェンディ・ディオに解雇されたからだと言う。

「彼女はいつも、僕は単なるギタリストで、替えがきくと考えていた。ロニーはもうちょっとわかっていたと思うけどね」

https://www.barks.jp/news/?id=1000219454

ウェンディはディオのマネージャーであり、妻であった。
彼女はインタビューで「ホーリー・ダイバー」はブラック・サバスのために書かれた曲であったと言う。

「彼はブラック・サバスに在籍していた時に「ホーリー・ダイバー」と「ドント・トーク・トゥ・ストレンジャーズ」を書いていたので、それらはサバスの曲になるはずだった」

https://amass.jp/159114/

ヨーロッパも若いときにディオに会っている。
彼らが1986年に初めて日本ツアーをした際、ディオも来日していてジミー・ベインの誕生日を祝っていた店で遭遇する。

「ロニーはとても紳士で、一晩中、僕の質問に付き合ってくれたんだよ」

https://amass.jp/155627/

関連記事

[2022-07-16]

Dio,Anthrax,Def Leppard

ボン・ジョヴィに関する曖昧な記憶と憶測

©2014-2020You Look Too Cool