エディ・ヴァン・ヘイレンが死去

2020年10月6日、エディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなった。
彼を「ギターの神様」と呼ぶ新聞記事があったが、彼をそう呼ぶ人を見たことがない。
彼の名が一般に知られるようになったのはマイケル・ジャクソンの「ビート・イットに」参加したのがきっかけだろう。
プロデューサーのクインシー・ジョーンズか誰かにギターソロを頼まれノーギャラで参加したらしい。後で兄のアレックスに怒られた。
この曲はマイケルには珍しくロックのテイストが強い。
ギターとベースがトトのスティーブ・ルカサー、ドラムスとキーボードが同じくトトのポーカロ兄弟だった。
この頃のトトは「トト4」のは発表前後で忙しかったはずである。
ともあれヴァン・ヘイレンは翌年、アルバム「1984」を発表し大ヒットする。
エディはギターの神様ではなくギター・ヒーローであった。ギター・キッズの憧れの的。ギター好きに好かれるギタリスト。それが一般の音楽ファンにも広く名を知られるようになった。
正直に言えばヴァン・ヘイレンの「1984」より前のアルバムはさほど面白くない。

関連記事

[2020-10-15]

RIP,Van Halen,マイケル・ジャクソン

「21世紀のスキッツォイド・マン」の制作秘話 | 「愛していると云ってくれ」のリンク集

©2014-2020You Look Too Cool