Kansas ディスコグラフィ

アメリカのバンド、カンサスのディスコグラフィとメンバーの変遷をまとめてみた。
なお正しくは「カンザス」と読むのだが日本では「カンサス」と読む人が多い。

アルバムドラムスギターベースキーボードギターバイオリン
Kansas1974フィル・イハートリッチ・ウィリアムズデイヴ・ホープスティーヴ・ウォルシュケリー・リヴグレンロビー・スタインハート
Song for America1975フィル・イハートリッチ・ウィリアムズデイヴ・ホープスティーヴ・ウォルシュケリー・リヴグレンロビー・スタインハート
Masque1975フィル・イハートリッチ・ウィリアムズデイヴ・ホープスティーヴ・ウォルシュケリー・リヴグレンロビー・スタインハート
Leftoverture1976フィル・イハートリッチ・ウィリアムズデイヴ・ホープスティーヴ・ウォルシュケリー・リヴグレンロビー・スタインハート
Point of Know Return1977フィル・イハートリッチ・ウィリアムズデイヴ・ホープスティーヴ・ウォルシュケリー・リヴグレンロビー・スタインハート
Monolith1979フィル・イハートリッチ・ウィリアムズデイヴ・ホープスティーヴ・ウォルシュケリー・リヴグレンロビー・スタインハート
Audio-Visions1980フィル・イハートリッチ・ウィリアムズデイヴ・ホープスティーヴ・ウォルシュケリー・リヴグレンロビー・スタインハート
Vinyl Confessions1982フィル・イハートリッチ・ウィリアムズデイヴ・ホープジョン・エレファンテケリー・リヴグレンロビー・スタインハート
Drastic Measures1983フィル・イハートリッチ・ウィリアムズデイヴ・ホープジョン・エレファンテケリー・リヴグレン
Power1986フィル・イハートリッチ・ウィリアムズビリー・グリアースティーヴ・ウォルシュスティーヴ・モーズ
In the Spirit of Things1988フィル・イハートリッチ・ウィリアムズビリー・グリアースティーヴ・ウォルシュスティーヴ・モーズ
Freaks Of Nature1995フィル・イハートリッチ・ウィリアムズビリー・グリアースティーヴ・ウォルシュ
ケリー・リヴグレン
デイヴィッド・ラグズデイル
Always Never the Same1998フィル・イハートリッチ・ウィリアムズビリー・グリアースティーヴ・ウォルシュロビー・スタインハート
Somewhere to Elsewhere2000フィル・イハートリッチ・ウィリアムズビリー・グリアー
(デイヴ・ホープ)
スティーヴ・ウォルシュケリー・リヴグレンロビー・スタインハート

ドラマーのフィル・イハートとギタリストのリッチ・ウィリアムズはデビュー時から最後まで在籍している。リッチ・ウィリアムズは幼少時に花火の事故で右目を損傷しているため眼帯をしている。
途中、スティーヴ・モーズが加入していた時期がある。
ほとんどの期間にバイオリニストが加入しており、これがカンサスの特徴の一つになっている。
ボーカルは主にスティーヴ・ウォルシュ、ジョー・エレファンテが担当していた。

関連記事

[2016-02-27]

Kansas,パーソネル

Toto IV - Toto | A Night at the Opera − Queen

© 2014 - 2018 You Look Too Cool