クリス・スクワイアが死去(Drama - Yes)

2015年6月27日、イエスのクリス・スクワイアが亡くなった。白血病。67歳。
スクワイアと言えばイエスのオリジナル・メンバーであり、全てのアルバムに参加した唯一のメンバーである。イエスは今も活動しているから、今後、アルバムを発表すると「すべてのアルバムに参加」とは言えなくなる。しかしスクワイアを失ったイエスが今後、活動を続けるとは思えない。
現在のイエスは、スティーブ・ハウ、アラン・ホワイト、ジェフ・ダウンズ、ジョン・デイヴィソンとスクワイアで構成されている。スクワイアの死去によりオリジナル・メンバーがいなくなった。初期から在籍しているハウは音楽的な主導権を握っていたと言えるがバンドを運営するリーダーシップがあるとは思えない。

イエスは推進力を失うと躊躇なく外部からエネルギーを注入した。ジョン・アンダーソンが抜けてバンドが崩壊寸前のときにバグルスの二人を加入させ、イエスらしさをかろうじて保った。バグルスが抜けた後は、トレヴァー・ラビンを加入させ、今度はまったく違うカラーを打ち出した。
その間もイエスに居続けたのがクリス・スクワイアだった。

ベーシストとしての彼の魅力が聴ける曲はアルバム「ドラマ」に収録された「Tempus Fugit 」だ。
「テンパス・フジット」と読むのだろうか。「時は飛ぶ(Time Flies)」という諺らしい。
疾走感溢れる曲をスクワイアのベース・ランニングが引っ張る佳曲である。
前作「トーマト」を最後にボーカルのジョン・アンダーソンが脱退したため、このアルバムはバグルスの二人(トレヴァー・ホーン、ジェフ・ダウンズ)を加入させて制作された。

関連記事

[2015-06-30]

クリス・スクワイア,Yes,1980年,RIP

Tormato - Yes | ロックンロールとは何か(Led Zeppelin IV - Led Zeppelin)

© 2014 - 2018 You Look Too Cool