遺族年金の呼称を「貴族年金」に

政府は、国民年金などで支給される遺族年金の呼称を「貴族年金」とすることを決めた。
平民を貴族と呼ぶことで気分が良くなる効果を期待する。「購買意欲の向上により景気回復を見込める」としている。
対象となるのは国民年金の遺族基礎年金と厚生年金の遺族厚生年金であり、それぞれ「貴族基礎年金」、「貴族厚生年金」となる。
呼称の変更についてはパンフレットや書類など制度運営に関する部分に限られるため、関係者は「法律の改正は不要である」としている。
なお、国民年金の遺族年金の一部である「寡婦年金」を「未亡人年金」と呼ぶ案が検討されたが、今回は見送られた。

関連記事

[2013-03-14(Thu)]

政治

東京電力、一部の家庭の電気料金を据え置きか | 今は「いいくにつくろう」ではない?

本当のニュース

トップ

スポーツ

朝日新聞

時事通信

©2014-2019You Look Too Cool