stabucky blog

mixiの日記データをWordPressに移行する

mixiの日記データをこのブログに移行しました。
カテゴリーが「mixi」となっているのがそうです。

まず、mixiには日記データのバックアップ機能がありません。
そこで、第三者によるバックアップソフトが存在します。

mixi export(mixi日記エクスポートツール)
backup_mixi

この2つが良さそうだったのですが、どちらも使えず。
上はソフトがダウンロードできない。下は私の環境(ウイルスセキュリティを使用)に合わない。

というわけで次を選択。

撤退!mixi日記 - バックアップ(フリーソフト)

これはとても簡単。
すんなり動作し、すんなりデータを拾ってきてくれました。
フォルダはあらかじめ作った方がよいです。私はデスクトップにインポートしてしまい、えらい目にあいました。

問題はHTML形式でmixi日記の各ページを1ファイルずつ拾うこと。
バックアップするだけならばこれでよいのですが、実際には別のブログシステムなどで使える形式に変換する必要があります。
秀丸エディタで1つのファイルにまとめたところまではよかったのですが、行数がとても多い。
120日分のデータですが、97763行。1日あたり800行。
mixiのソースを見ると分かりますが、使っているのかどうか分からないようなコードがとにかく多いので、日記の本文がどこなのか、よく分からず、うまく抽出できません。
それでも何とか引き抜いて、行数を減らして、Excelに貼り付けました。
日付の形式を変えたりして、何とか整理をしました。

これをWordPressに読み込ませるための形式に変形します。
私は以前、MovableTypeを使っていたことがあるので、MovableType形式にすることにしました。
WordPressはMovableType形式のデータを読み込むことができます。

ようやくMovableType形式のデータを作ったのですが、ここからが大変でした。
WordPressに読み込ませても0件になってしまいます。

問題点は次の1点だけ。ケアレスミスでした。
MovableType形式では各記事の終わりに「--------」を入れます。
ハイフンを8個なのですが、私はこれを7個にしていました。
たったこれだけでインポートできません。

これに気付いたあとはすんなりと読み込んでくれました。

2019年8月14日追記
mixiのデータはWordPressに移行した後、別のツールに移行し、本日、このブログ(stabucky blog)に移行しました。タグに「mixi」と入っている記事が該当します。

関連記事

[2009-01-24]

mixi

時差は7時間