千葉市、恵方巻発祥の地に

千葉市は二十五日、二年連続で干し海苔の消費が全国で一位になったことを受けて「恵方巻発祥の地」であることを宣言した。
千葉では郷土料理として「太巻き」が普及しており、祝いの席では断面が花柄などの模様に見える「飾り寿司」などもある。
一方、「恵方巻」については近年、節分に「恵方」という方角を向いて海苔巻を食べるという風習が浸透しつつあるが、その発祥については近畿や中部の海苔業者のキャンペーンであったなどの諸説があり、確定していない。
担当者は「最も海苔を消費している千葉市に断りもなく、ただの海苔巻に恵方巻などと怪しい名前を付けおって。海苔巻は千葉のもの、恵方巻も千葉のもの。何か問題があるか」と鼻息が荒い。

関連記事

[2013-09-25(Wed)]

地域

バレンティン選手に国民栄誉賞 | 冬季五輪、バイアスロンで金メダルなしの珍事

本当のニュース

トップ

スポーツ

朝日新聞

時事通信

©2014-2019You Look Too Cool