Blue Oyster Cult バイオグラフィ

ブルー・オイスター・カルトは1960年代末にニューヨークで結成された。

1971年にアルバム「BLUE ÖYSTER CULT」でデビュー。

オリジナルメンバーは、

  • ドナルド・“バック・ダーマ”・ローザー(ギター、ボーカル)
  • アラン・レニアー(キーボード)
  • エリック・ブルーム(ボーカル、ギター)
  • ジョー・ブーチャード(ベース、ボーカル)
  • アルバート・ブーチャード(ドラムス、ボーカル)

の5人である。
1981年にアルバート・ブーチャードが脱退するまではメンバーチェンジは一度もない。このメンバーがベストメンバーであると言ってよい。後任はドラム・ローディであったリック・ダウニーが務めた。

1983年に、リック・ダウニーが脱退。そしてアラン・レニアーも脱退してしまう。

1986年の「CLUB NINJA」では、ドラムスがトミー・プライス、キーボードがトミー・ズヴォンチェックとなった。しかし、アルバム発表後、バンドは解散状態に陥る。

1988年、「IMAGINOS」制作時に、アルバート・ブーチャード、アラン・レニアーが復帰し、オリジナル・メンバーに戻った。ただしツアーにはアルバート・ブーチャード、ジョー・ブーチャードは参加せず、ドラムスをロン・リドル、ベースをジョン・ロジャースが演奏している。

※この記事は1997年に書かれたものです。

関連記事

[2014-10-10]

Blue Oyster Cult,バイオグラフィ

© 2014 - 2017 You Look Too Cool