高校サッカーは流通経済大柏が優勝

高校サッカーの決勝戦の中継を見ました。何年ぶりだろう。
試合は流通経済大柏が藤枝東を4対0で破り初優勝。
流通経済大柏の大前選手が2得点。
高校総体、全日本ユースに続く、三大会連続得点王は史上初らしいです。
千葉県勢では2002年度の市立船橋以来の優勝。

大前は戦前「千葉県がサッカー王国になる」と宣言したようですが、確かにそれを感じさせる強さではありました。
まあ、元々、千葉はサッカーは結構、強いと思います。
昨年も八千代がベスト4に入ったし。

それがジェフ千葉の強さに結びつかないのがおかしいのです。結びつける方が強引か?。
市立船橋の中心選手が毎年、ジェフに入団すれば、それは強くなるはずなのに、滅多に入団することはありません。
大前選手も清水エスパルスに入団が内定しているとのこと。

ジェフ千葉が弱すぎるというか、バカというか。
選手が育つとすぐに出てしまうというのはどういうことなのか。
茶野は市立船橋からジェフに入ったもののジュビロ磐田に移籍。
最近では阿部が浦和レッズに移籍。
今年も水野がセルティック、水本がガンバ大阪、山岸が川崎フロンターレ。
え、羽生がFC東京、佐藤が京都に移籍?

こんなJ1チーム、あるか!
昔、「ジェフは市立船橋より弱い」という冗談があったが、これだと本当に流通経済大柏の方が強いぞ。

関連記事

[2008-01-14(Mon)]

サッカー

© 2014 You Look Too Cool