オーデン・オーガン(ウィキペディア風)

オーデン・オーガンはプログレッシブやフォークメタルの要素を持ったドイツのパワーメタルバンドである。バンドは1996年にセバスチャン・グリュートリングとセバスチャン・レヴァーマンにより結成された。彼らは現在までに3枚のデモアルバムと4枚のフルレンスアルバムを発表しAFMレコーズと契約している。

歴史

元は1996年にタンツェンデ・アインガワイデとして結成されたが、バンドは1997年にオーデン・オーガンに改名した。オーデン・オーガンは「恐怖の勲章」を意味し、「オーデン」はドイツ語の勲章であり「オーガン」は古いケルト語の恐怖である。彼らは3枚のデモを発表した。

何度かのメンバーチェンジの後、バンドは2004年にパワーメタルにフォークの音を持ち込んだ「テスティモニウムAD」の発表により特徴的なサウンドを披露した。結果として合唱とフォークの柔らかさを混合することでパワーメタルのちょうどよい融合になった。このサウンドの独特の融合はフォークメタルとして特徴付けられた。「テスティモニウムAD」はドイツのレヴューの平均で10点中9.5点を得た。

2008年2月にバンドのレーベルデビューである「ヴェイル」がドイツのヨナレコーズによりリリースされ、ヨーロッパのプレスからの絶賛をもって迎えられた。ドイツの雑誌、ロックハードマガジンはバンドを「ただ一つのブラインド・ガーディアンの正当な後継者」と呼んだ。「ヴェイル」は後にブラジルと日本で2009年にリリースされた。

オーデン・オーガンは2008年に50回を超えるショーに参加した。

バンドは、伝統的なパワープログレッシブの音楽ジェスティバルである、2014年の第15回プログパワーUSAに参加し、初めてアメリカで演奏することを2013年に発表した。

メンバー

セバスチャン・レヴァーマン-ギター、リードボーカル
トビ-ギター
ニールズ・レフラー-ベース
ダーク・メイヤー=ベルホルン-ドラムス

ディスコグラフィ

1997年-イントロ・オブリヴィオン(デモ)
1998年-アンセムズ・トゥ・ザ・ダークサイド(デモ)
1999年-ソリ・デオ・グロリア(デモ)
2004年-テスティモニウムAD
2008年-ヴェイル
2010年-イーストン・ホープ
2012年-トゥ・ジ・エンド
2015年-レイヴンヘッド


YouTubeでオーデン・オーガンを知ったがネット上にも情報がほとんどないのでOrden Organ-Wikipediaを訳してみた。英語力が全くないため、誤訳はご容赦いただきたい。またドイツ語の発音が全く分からず適当に書くか端折った。そもそも「オーデン・オーガン」で正しいのか不安である。誤りを指摘いただければ幸いである。
なお、この記事には「citation needed」と書かれた文章が多く信憑性がないらしい。

[2017-01-21]

Orden Ogan,Wikipedeia

© 2014 - 2015 You Look Too Cool