政府、成人式の晴れ着に課税の方向で検討

​横浜市などの晴れ着レンタル業者が今年の成人の日の当日に営業を行わなかった問題で政府は新たな課税や各自治体における成人式開催の見直しなどの検討を始めた。
今回の問題は全て、晴れ着などの着物が不完全な衣服であることに尽きる。
まず衣服としては高価である。そのため貧乏人が買わずに借りて済まそうとする。
次に自分一人で着ることができない。このような衣服は世界でも珍しく他には拘束着くらいしかない。
そして機敏に動くことができない。
晴れ着は実用品ではなく嗜好品課税の対象となり得るため、晴れ着のレンタルについて消費税とは別に課税する案が出ているという。高い税率を適用することで実質的に晴れ着を着用する者は富裕層のお嬢様に限られることとなる。
また晴れ着の着用率が特定の日に集中することが原因であるという観点から、成人式の開催を分散させる案が有力であるとされる。既に正月休みの期間に成人式を実施する自治体もあり抵抗は少ないものと予想される。
さらに成人式は成人した直後に行われるのが妥当であるという意見もあり、この場合、毎月の開催が考えられる。新成人は各自の誕生日の属する月の翌月の成人式に参加する。
一方で北九州市や那覇市などの未成年者に対するアンケートでは「おれらがめだてるのは成人式しかないっしょ。ばらばらにやったらめだてないから意味ないっしょ」という意見が多く成人式で暴れることを楽しみにしている地域では混乱が予想される。

関連記事

[2018-01-28(Sun)]

事件