ASKAの逮捕で困惑する自治体

十七日に覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕されたASKA容疑者が「覚醒剤ではなくアンナカだと思っていた」と供述している。アンナカとは安息香酸ナトリウムカフェインの略だが、これに群馬県安中市が困惑しているという報道があった。
今回の事件により不安を表明している自治体は他にもある。
奈良県明日香村は「本名ならば仕方がないと思っていたが、宮崎重明と知って驚いている。できれば今後はASKAと名乗らないでほしい」と憤る。
神奈川県相模原市も困惑を隠せない。サッカーJ3のSC相模原があり、ホームスタジアムの相模原ギオンスタジアムの最寄り駅は「原当麻(はらたいま)」である。関係者は「薬物関係の事件が起こる度に原当麻のイメージが悪くなる」と話す。

関連記事

[2014-05-23(Fri)]

芸能

「クイズ百人が答えました」が打ち切り | 群馬県が県名を「富岡県」に変更を検討

本当のニュース

トップ

スポーツ

朝日新聞

時事通信

©2014-2019You Look Too Cool