日本、サウジアラビアに2対3で負ける

アジアカップ準決勝、日本対サウジアラビアは、日本が2対3で負けました。
日本は4バックですが、加地と駒野はほとんど守っていませんから、実質2バック。
この大会、毎試合で失点していて、その弱さが指摘されていた守備が崩れて3失点。
逆に得点はそのディフェンダーの中沢と阿部の2得点だけ。

最初の10分くらいは一方的に日本が押し込んでいて「サウジアラビア、こんな弱いチームがよく準決勝まで出てこれた」と思ったのですが、日本の方がダメでした。

トルシエを呼んで3バックで出直し。

関連記事

[2007-07-26(Thu)]

サッカー

© 2014 You Look Too Cool