株価を調べる「株価一括取得ツール」

ちょっと前に複数の上場企業の株価を調べる機会がありました。
そのときに作ろうと思っていたツールをようやく作りました。もはや使う機会がありませんが。 (さらに…)

「専門家の見方」を検証(2013年9月末)

前に「「専門家の見方」を検証」という記事を書きました。金融関係者が8月末の相場を予想するという新聞記事を検証する、というものですが、今度は9月末の相場について検証してみました。

朝日新聞(2013-7-22)

区分 予想者 9月末予想 8月末実績 9月末実績 判定
株価 大和証券 1万5500~1万6000円 13389 14456 ×
野村証券 1万5750円 ×
円相場 みずほ銀行 1ドル=103円台 98 98 ×
新生銀行 1ドル=97~98円台
長期金利 みずほ証券 0.90% 0.71 0.68 ×
SMBC日興証券 0.80% ×

読売新聞(2013-5-24)

区分 予想者 9月末予想 8月末実績 9月末実績 判定
株価 伊藤忠 17000~18000円 13389 14456 ×
明治安田生命 12000~16500円
農林中金 16000円台 ×
大和総研 16000円程度 ×
ニッセイ基礎研究所 13500~16000円
長期金利 伊藤忠 1.1~1.2% 0.71 0.68 ×
明治安田生命 0.6~0.9%
農林中金 0.7~1.1% ×
大和総研 1.0~1.2% ×
ニッセイ基礎研究所 0.7~1.5% ×
円相場 伊藤忠 105~110円 98 98 ×
明治安田生命 95~105円
農林中金 104~106円 ×
大和総研 100~105円 ×
ニッセイ基礎研究所 100~105円 ×

「ドンナヒ」に日経平均株価を表示

もはや大恐慌、というほど株価が下がっています。

というわけではないですが、ドンナヒに日経平均株価を表示しました。

ドンナヒ-2011年9月22日

日経からデータが提供される1949年5月16日からの株価(終値)を表示します。
1949年5月16日に176.21円だった株価は1989年12月29日に38915.87円になります。この後、株価は下がり、昨日は8560.26円になってしまいました。

ドルコスト平均法

ある企業の株価が次の表のように変動した場合を考える。

A B C
1 100 100 100
2 100 110 120
3 100 120 140
4 100 120 140
5 100 110 120
6 100 100 100
7 100 100 100
8 100 90 80
9 100 80 60
10 100 80 60
11 100 90 80
12 100 100 100
平均 100 100 100

パターンAは株価が100円のまま変わらない場合。
パターンBは株価が120円まで上がり80円まで下がり100円に戻る場合。
パターンCは株価が140円まで上がり60円まで下がり100円に戻る場合。Bよりも変動が大きい。
どのパターンも株価の平均は100円である。
ドルコスト平均法で毎月10000円分ずつ、株を購入するとき、パターンによってどのような違いがあるのか。 (さらに…)


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報