張家 日本橋店

Pocket

11時40分頃に1人で行く。客は2割ほどの入りだがいきなり相席にさせられる。その後続々と客が来る。
西安料理、刀削麺の店である。人気一番という「麻辣麺(まーらーめん)」700円を注文。

すぐにエプロンを渡される。赤い布製である。小さいので付けにくい。おまけに上着を着たままだったので、外して上着を脱ぎ、改めてエプロンを付ける。
そして麻辣麺が提供される。ほとんど待たされなかった。

見た目はいかにも辛そうで身体に悪そうな担々麺。スープは非常に辛くて痺れる。咳き込まないギリギリのレベル。クセになりそうな辛さ。
麺は刀削麺ということで不揃いな太麺。見た目の割に美味しい。
具は爽やかな食感の野菜。ひき肉が入っているがその他の具はなし。

箸はプラスチックで麺が保持しにくい。
お手拭きは布。エプロンも先述の通り布。
店員はおそらく全て中国人。他の同様の店に比べれば愛想が良い。店の外で弁当を売っている。
いかにも家庭的な店構えだが実は都内に数店舗を経営している。ウェブサイトも思いのほかしっかりしている。

張家 日本橋店
レビュー:stabucky

刀削麺の店。
紙エプロンでなく布のエプロンを渡される。
評価:4

[ 2017年12月12日 | カテゴリー: ラーメン | タグ: , , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報