W杯2010はスペインが初優勝

リアルタイムで見るか、録画して見るか、迷っていたのですが、午前3時半に自然に目が覚めたので(風が強くてうるさかったからかもしれません)、キックオフからリアルタイムで見ました。眠かったですが。

南アフリカワールドカップの決勝はスペインが延長戦の末、1対0でオランダを破り、初優勝しました。
スペイン1-0オランダ
「無敵艦隊」が初優勝とは奇妙な感じです。
この試合は両チームでイエローカード14枚(うち1名は2枚でレッドカード)が出されるという荒れた試合。特にスペインのパス回しに翻弄されたオランダが苛立ち紛れにつっかけるという、無駄なファウルが目立ちました。
オランダは自分たちのサッカーができず、唯一、機能したのがロッベンのカウンターくらい。
逆にスペインは最後までパスサッカーにこだわり、試合を決めたのもパス回しでフリーになったイニエスタのゴール。体格では日本とほとんど変わらないスペインが勝つのは、この正確なパスが欠かせないのでしょう。

日本代表は一次リーグでオランダと当たったのですが、ロッベンがいなくて良かったとつくづく思います。

どちら勝っても初優勝となる対決。勝利の女神がほほ笑んだのは攻撃サッカーを貫いたスペインだった。バルセロナの選手を中心としたスペインが、得意のパス ワークでチャンスを作るが、オランダも激しい守備で対抗し前半はほぼ互角の展開。後半に入ると、スペインが押し込んでゴールに迫るが、オランダも高速ドリ ブラー、ロッベンのカウンターで応酬。お互いに決め切れず、決着は延長戦に持ち越された。延長に入ってもお互いに決められず、PK戦突入かと思われた延長 後半11分、イニエスタがボレーシュートをたたき込み、スペインがようやくゴール。これが決勝点となり、スペインが史上8カ国目のW杯王者となった。オラ ンダは3度目の挑戦も実らず、涙を飲んだ。

W杯2010、ドイツが3位に

南アフリカワールドカップは3位決定戦が行われ、ドイツが3対2でウルグアイを破り、3位になりました。

この試合は地上波では放送されませんでした。

大会得点王、そしてW杯通算得点記録が懸かるクローゼがけが、さらに風邪などで主将のラームら主力数人を欠くドイツだったが、小気味良くパスを回してチャンスを作る。19分にはミュラーが得点ランクトップに並ぶ今大会5点目のゴールでドイツが先制。しかし、ウルグアイもカウンターからカバーニが冷静に決めて同点に追いつく。後半、ウルグアイはフォルランが自身大会5点目となるボレーシュートを決めて勝ち越すが、ドイツも直後にヤンセンが頭で決めて再び同点に。延長戦の気配が漂い始めた後半37分、ドイツはCKからケディラが頭で決めて勝ち越しに成功。これが決勝点となり、ドイツが2大会連続の3位となった。

スペインがドイツを破り決勝進出

スペインが1対0でドイツを破り、決勝進出を決めました。
スペインのパス回しにドイツが何もできず。ミュラーの欠場が響いたか。

試合前の予想に反して、試合を支配したのはスペイン。調子が上がらないエースFWトーレスをあきらめ、ペドロを起用したスペインは、前線に流動性が出て過去数試合以上にパスがよく回る。シャビ、イニエスタらのパス交換から何度もゴール前に迫るが、ドイツも守備陣が粘って決定機は作らせない。後半もスペインがボールをキープする展開が続き、28分にプジョルがCKからヘディングで決めてようやくスペインが先制。終盤はドイツがパワープレーを仕掛けるが、スペインがしのぎ切って1−0のまま試合が終了。スペインは初の決勝進出、ドイツは2大会連続で準決勝で敗れた。

オランダがウルグアイを破り決勝進出

オランダがウルグアイを3対2で破り決勝進出を決めました。

前半は1対1と互角。
後半はオランダが押しまくる展開。
結局、3対2でしたが、前の試合で決勝ゴールをハンドで防いだスアレスの出場停止が響きました。出場していたら、分からない試合だったと思います。

前半はほぼ互角の展開。オランダは、18分にファン・ブロンクホルストが意表を突くミドルシュートを決めて先手を取るが、ウルグアイも41分、エース・ フォルランが強烈なミドルシュートをたたき込んで同点に。後半に入るとオランダが本領を発揮し始めて攻勢に出る。25分にはスナイデルが今大会5点目とな るゴールで勝ち越し、直後にはロッベンがダメ押しとなる3点目。後半ロスタイムにウルグアイにM・ペレイラの得点で1点を返されるが、最後までしのぎ切 り、1978年アルゼンチン大会以来となる決勝進出を果たした。敗れたウルグアイはフォルランと並ぶもう1人の看板選手、FWスアレスを出場停止で欠場し たことが響いた。

ドイツとスペインがベスト4進出

準々決勝の後半が行われました。
私は録画しておいて2試合続けて見ました。

まず、ドイツ対アルゼンチン。これが予想外の一方的な試合。ドイツが4対0で圧勝。アルゼンチンのメッシは何もできず。

優勝3回のドイツと優勝2回のアルゼンチンの対決、主導権を握ったのはドイツだった。開始早々の3分にセットプレーからミュラーが先制点を決めると、ドイツがダイレクトのパス回しで完全に主導権を握った。しかし、30分を過ぎるとドイツのペースが落ち、アルゼンチンがチャンスを作るようになる。後半に入ってもアルゼンチンのペースは変わらず、メッシ、テベスの個人技を中心にチャンスを作った。ボールに触れなくなっていたドイツだが23分、ワンチャンスをものにしクローゼが追加点を決めると、29分にはフリードリッヒがダメ押し点。終了間際にはクローゼがW杯通算14得点目となるゴールを決めた。クローゼはロナウド(ブラジル)のW杯個人通算得点にあと「1」と迫った。試合前には予想もつかなかった4−0の大差で、ドイツがベスト4進出を決めた。

続いて、スペインと日本を破ったパラグアイ。これは予想外の接戦。
後半、パラグアイが得たPKを失敗。
直後に逆にスペインがPKを得て、一度は決めるものの味方がエリア内に入っていたということで、蹴り直し。これがキーパーに止められ失敗。
スペインがせめてパラグアイが守るという展開でしたが、最後にビジャが決めて勝利。

4強最後のイスを、スペインが辛くもつかみ取った。多彩なパスワークを武器に前半から圧倒的にボールを支配したスペインだったが、パラグアイの集中した守備の前になかなか決定機を作れない。後半14分にはシャビ・アロンソがPKを失敗するなど、どうしてもパラグアイゴールが遠い。対するパラグアイは、終始相手にボールを支配される展開ながらも、カウンターで何度なく好機を作る。前半41分にはバルデスがゴールネットを揺らしたものの、オフサイドの判定。後半13にはカルドーソがPKを失敗し、あと一歩のところで得点が奪えない。そして迎えた後半38分、スペインはペドロのシュートがポストに当たって跳ね返ったところをビジャが押し込みようやく先制。その後はパラグアイの反撃を何とかしのぎ、ベスト4進出を決めた。

オランダがブラジルを破る

南アフリカワールドカップは準々決勝が始まりました。
優勝候補同士のオランダとブラジルがぶつかり、オランダが2対1で逆転勝ち。
オランダ2-1ブラジル
反則の多い、荒れた試合。日本人レフェリーの西村氏、よく裁いた。イエロー5枚、レッド1枚。特にこのレッドはスパイクでの踏みつけだから相当悪質。ブラジルはこういうことをやるから嫌です。

ディフェンスラインからパスを回して攻撃を作るオランダに対し、ブラジルは厳しいチェックから速い攻撃でチャンスを作る。前半10分にはオランダ守備の一瞬のすきを突いて、ロビーニョが長いスルーパスから先制点をマーク。ブラジルは狙い通りの展開で前半を追えた。後半に入り、オランダは8分にオウンゴールで同点に追いつくと、これで息を吹き返し、右CKからスナイデルが決めて逆転に成功。あせりが出たブラジルは5分後にメロが相手選手を踏みつけて一発退場。数的有利を得たオランダが最後までブラジルの攻撃をしのぎ切り、W杯では74年大会以来のブラジル戦勝利を挙げた。

もう一方のウルグアイ対ガーナは1対1でPK戦。4対2でウルグアイが勝ち、ベスト4進出。
ウルグアイ1-1ガーナ

ボールを支配し、より多くのチャンスを作ったのはウルグアイ。フォルラン、スアレスを中心にゴールに迫り、セットプレーなどから何度も決定機を作った。しかし時間が経つにつれ、ガーナは落ち着きを取り戻し、前半終了間際にはムンタリのロングシュートが決まり、ガーナが先制。後半、ウルグアイはフォルランのFKで同点に追いつくと、ペースをつかんでチャンスを量産するが決め切れず。延長後半のロスタイムに、スアレスのハンドでガーナにPKが与えられるが、これもギャンが外してしまい決着はつかず。今大会2試合目のPK戦では、ウルグアイが4−2で勝利し、40年ぶりのベスト4進出を決めた。

日本、パラグアイにPKで敗れる

決勝トーナメント1回戦、日本はパラグアイと対戦。
試合は延長戦でも決着がつかず、0-0で、PK戦に。
駒野が外し、3-5で敗れました。

ベスト16が決定、南米はすべて残った

南アフリカワールドカップは予選リーグが終わりベスト16が出揃いました。

地域 ベスト16 敗退 総計
アジア 2 2 4
アフリカ 1 5 6
オセアニア 0 1 1
ヨーロッパ 6 7 13
南米 5 0 5
北中米カリブ海 2 1 3
総計 16 16 32

出場32チームを地域別に決勝トーナメント進出と敗退でカウントしてみました。
さすがに南米は5チームすべてが進出。
期待されたアフリカはガーナを除く5チームが敗退。
ヨーロッパは、フランス、イタリアが予選リーグ最下位で敗退など、負け越し。
アジアは実力トップのオーストラリアが敗退しましたが、韓国と日本が決勝トーナメント進出で五分。これは素晴らしい成績です。 (さらに…)

日本、デンマークを破り、決勝トーナメント進出

日本時間で6月25日3時30分、日本対デンマークの試合が始まりました。

結果は3対1で日本の快勝。
まず、本田のフリーキックが直接ゴールへ。
次に、遠藤のフリーキックがまたも直接ゴール。
デンマークにPKを与えてしまい、川島がはじくもキッカーの正面にこぼれ押しこまれ2対1。
しかし、最後は、本田からのパスを途中出場の岡崎が決めて、3得点。

ラフプレーが少なく面白い試合でした。勝ったからかもしれませんが。

これで日本はE組を2位で通過、決勝トーナメント進出を決めました。日韓大会以来。

日本3−1デンマーク

Google日本語入力用ハッシュフラッグ辞書

Twitterで使えるハッシュフラッグをGoogle日本語入力で簡単に使えるようにテキストファイルを作り辞書に登録できるようにしました。

hashflag.txt

ご自分のパソコンに保存し登録してください。
詳しい登録の方法は割愛します。

例えば「たぐわーるどかっぷ」ならば「#worldcup」が、「たぐにほん」ならば「#jpn」が候補に現れます。
オランダは「#ned」ですよ。

古い記事

タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報