Wordでワイルドカード検索の結果を使って置換するサンプル

Wordのワイルドカードを使うと検索した結果を使って少し複雑な置換をすることができます。
例えば「福沢 諭吉」を「諭吉 福沢」のように姓名を逆にしたりすることもできます。

「検索する文字列」で特定の箇所を半角括弧で挟むと、その箇所を「置換後の文字列」として指定することができます。
「特殊文字」として「検索する文字列式(X)\n」を使います。

次は「03(1234)5678」と表記した電話番号を「03-1234-5678」に置換するサンプルです。
なお「ワイルドカードを使用する」にチェックしておきます(他のチェックは外す)。
Word2013で確認しました。 (さらに…)

LINEとTwitterのキャッシュを削除する方法

iPhoneのLINEとTwitterのAppのキャッシュを削除する方法です。
ヘビーユーザーだとかなり溜まっていると思います。 (さらに…)

Wordの検索で使える特殊文字

Wordの「検索と置換」ダイアログで「あいまい検索」のチェックを外すと「特殊文字」を使えるようになります。
しかし意味が分からないので調べてみました。それでも分からない記号もあります。ご容赦ください。Word2013で確認しました。
なお、「検索する文字列」にカーソルがあり、「ワイルドカードを使用する」にチェックしない場合です。 (さらに…)

Excelで連番を入力する方法

表を作成した際に連番を入力するケースはとても多いです。
単に「何番目か?」とか「何件あるか?」ということを知るためにセットする以外にも意味があります。表計算ソフトとして使う場合、並べ替えをすることがあります。あらかじめ連番をセットしておけば、この連番で並べ替えをすれば最初の状態に簡単に戻すことができます。
連番を入力する方法としてマクロを使う方法とオーソドックスな方法をいくつか紹介します。「1,2,3,…」という連番を縦に入力するという前提です。Excel2007で確認しました。 (さらに…)

Inboxでメールを一括削除する方法

私はGmailをInboxで利用しています。
メール容量が多いので受信したものは放置しておけばいいのですが、一部、削除したいメールがあります。それも大量に。
しかしブラウザ上のInboxでメールを一括して削除する方法が分かりません。
そこで自分なりに見つけた方法をメモしておきます。Chromeで確認しました。 (さらに…)

imageColorAllocateの戻り値

PHPのGDで色を作成するにはimageColorAllocateを使います。
この使い方についてメモしておきます。 (さらに…)

iPhoneの緊急速報を停止する方法

台風でみんなの携帯電話の緊急速報が耳障りです。
「そんなのガラケー時代の遺物でしょ!」などと言っていたら私のiPhoneが鳴り始めて驚きました。iPhoneを使い始めて8年ほど経ちますが初めてだと思います。
緊急速報を停止するには次のようにします。iOS9.3.4、ソフトバンクで確認しました。
設定-通知-緊急速報をオフにする。

Wordで表と表の間に改行を挿入する

Wordで二つの表が縦に並んでいて、これらの間に隙間がないとします。
このような場合に表と表の間に改行を挿入して隙間(空行)を作る方法です。Word2013で確認しました。

  1. 二つの表のうち、下の表の先頭行にカーソルを移動する。
  2. メニューの 表ツール - レイアウト - 結合 - 表の分割 を選択。

これで下の表の上に空行ができます。

jQueryでtextareaの値はvalで取得する

HTMLのtextareaは

<textarea>abc</textarea>

と書きます。
jQueryでは、このようにタグで挟む場合は.html()で値を取得できます。
しかしtextareaの場合は.val()で取得します。

実際に試してみたところ、.val()、.text()、.html()のいずれでもtextareaの値を取得することができました。
しかし、textareaの内容を書き換えてから取得すると、書き換えた後の値を取得できるのは.val()だけでした。

一方、値のセットについては、やはりいずれの場合でもセットすることができました。
しかし、.text()と.html()では、一度、セットした後、再度セットしようとすると正しく動作しませんでした。.val()ならば意図通り動作します。

jQueryでtextareaの値を取得したりセットしたりする場合は.val()を使うのが確実です。

なおChromeとFirefoxでは上述のような動作をしますが、IEでは.text()と.html()でも.val()と同じ動作をします。

Excelで「Enterは下に、Tabは右に移動する」だけではない

Excelのワークシート上でEnterキーを押したときの移動方向については、メニューのファイル - オプション - 詳細設定 の「Enterキーを押したら、セルを移動する」で設定できます。
初期設定では、Excelのワークシート上でEnterキーを押すと下のセルに移動します。
Tabキーを押すと右のセルに移動します。
ただ、これだけならば矢印キーと変わりません。実は次のような動きをします。Excel2013で確認しました。 (さらに…)

古い記事

タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報