iTunes12でアートワークを削除

現在のiTunesはヴァージョンが12となっています(iTunes12.0.1.26)。
例によってUI、見た目が変更されて、非常に使いにくくなったと思います。

今回は曲に付けられているアートワークが削除できず困りました。Windowsです。 (さらに…)

Macでテキストを音声ファイルに変換する方法

今のMacは標準で音声認識(人の声をテキストに変換)や音声変換(テキストを人の声に変換)ができます。
その一環で、文字列を音声ファイル(AACオーディオファイル、拡張子はm4a)に簡単に変換することができます。
Mac標準のエディタ「テキストエディット」の他、「メモ」でも使えますし、「Chrome」に表示されたウェブサイト上のテキストでも使えます。
変換されてできた音声ファイルは自動的にiTunesに登録されます。
その手順を紹介します。OS X(バージョン10.9.2)で確認しました。 (さらに…)

Appを完全に削除する方法

iPhoneを長く使っています。App(アプリ)もたくさんインストールしました。
iPhone上から削除することはできますがiTunesには残っています。
先日、iPhone5に買い換えてiTunesと同期したところすべてのAppがiPhone5にインストールされ、とても時間がかかって閉口しました。
今後、一切、使わないAppはiTunesからも削除してしまいたいです。

  1. パソコンでiTunesを起動。
  2. 左側のライブラリからAppを選択。
  3. 右側に過去にインストールされたことのあるAppが表示される。
  4. 右クリックから削除を選択。
  5. 「ゴミ箱に入れる」をクリック。

Ctrlを押しながら左クリックで複数のAppを選択して削除することもできます。ドラッグでの選択もできます。

iTunesのジャンルを英語表示にする

iTunesはメニューなどの表示を英語以外の言語に変更することができます。
もちろん日本語に変更することもできるのですが、問題が一つあります。
ジャンル名も日本語になってしまうのです。例えば、ジャンルが「Rock」の曲を再生すると、その曲のジャンルが勝手に「ロック」に書き換えられてしまいます。
これはiTunes7.6あたりからの仕様のようです。
私はこれが嫌なので、ずっとメニューの表示も英語にしていました。

しかしiPhone5に買い替え、iTunesと同期したところ、iPhone上の「App Store」の表示が英語になってしまいました。
「これはiTunesのメニュー表示が英語であるのが原因に違いない」と思い、ジャンルの日本語化を防ぐ方法を調べてみました。
分かったのはiTunesの日本語ローカライズファイルをジャンルの部分だけ英語に書き換えてしまう方法があるということ。
しかしファイルがたくさんあって、どれを修正すればいいのか、よく分かりません。

さらに調べたところ、自動的に書き換えるツールがありました。
音楽方丈記 - iTunesの日本語リソースのジャンル情報を英語に書き換えるツールを作りました

使い方は簡単で、起動してファイルを指定して実行するだけ。
これでiTunes上のジャンルが英語表記のままで変わらなくなりました。
iTunes11でも正しく動作することを確認しました。
素晴らしいツールです。ありがとうございました。

「Sabbath Bloody Sabbath」型の曲名

ブラック・サバスの「Sabbath Bloody Sabbath」のような「A B A」という型の曲名が他にあるかな、と考えてみたのですが、U2の「Sunday Bloody Sunday」しか思い付きませんでした。
そこで私のiTunesのライブラリで探してみたところ、こんなにありました。

Ashes To Ashes / David Bowie
Ashes To Ashes / Faith No More
Back To Back / Pretty Maids
Bad Is Bad / Huey Lewis & The News
Blow By Blow / Fleetwood Mac
Day After Day / Def Leppard
Day By Day / Talisman
Eye To Eye / Asia
Eye To Eye / Fates Warning
Eye To Eye / Slaughter
Face To Face / Foreigner
Fly People Fly / Scorpions
Frame By Frame / King Crimson
Home Sweet Home / Motley Crue
I Am I / Queensryche
Jet To Jet / Alcatrazz
Love To Love / UFO
Lover To Lover / Three
Many Too Many / Genesis
Metal On Metal / Anvil
Mine All Mine / Wigwam
Minute By Minute / The Doobie Brothers
My Oh My / Sad Cafe
My Oh My / Slade
Never Say Never / Mr. Big
Never Say Never / Styx
On And On / Angel
On And On / Stephen Bishop
One By One / Emerson
One On One / Hall & Oates
One On One / Uriah Heep
Over And Over / Black Sabbath
Over And Over / Madonna
Piece By Piece / Slayer
Play Minstrel Play / Blackmore's Night
Ride Sally Ride / Sammy Hagar
Round And Round / Ratt
Round And Round / Spandau Ballet
Sabbath Bloody Sabbath / Black Sabbath
Step By Step / Club Nouveau
Step By Step / Uriah Heep
Strength Beyond Strength / Pantera
Sunday Bloody Sunday / U2
Time After Time / Cyndi Lauper
Who Made Who / AC/DC
Woman Oh Woman / Foreigner

数は結構ありますが「名詞 前置詞 名詞」型が多いです。これはあまり面白くありません。
期待していたようなパターンだと、他には「Fly People Fly」と「Home Sweet Home」くらいでしょうか。

iOS4.3.5アップデート時にバックアップできない

iOS4.3.5にアップデートしようしたところ「コンピュータにバックアップを保存できなかったため、iTunes は iPhone をバックアップできませんでした。」というメッセージが出ました。
アップデートの前にバックアップをする必要があるのですね。

アップルのサポートページ(iTunes:「コンピュータにバックアップを保存できない」という警告メッセージ)には
iTunesのメニューの編集-設定-デバイス-バックアップを削除
とするよう書かれています。
これでもうまくいかなかったので該当するフォルダを探して直に削除してみましたがそれでもダメ。

ネットで探すとiTunesの再インストールでできるようになる可能性が高いようです。
こちらの説明が詳しいです。
iOS 4.3.5のアップデートに失敗したときの解決方法 | りょーちの駄文と書評

iTunesの再インストールは結構手間が掛かりそうですし、アートワークや曲の再生回数などの情報はどうなるのか、分かりません。
バックアップやアップデートはできませんが、同期はできているようなので、次回のアップデートまで放置することにしました。

「Dropbox」を使う

iPhone、iPadで写真などを見るには、iTunes経由で同期する必要があるのですが、面倒です。
iTunesを使わずに、写真などをiPhone、iPadで見られるようにしたい。
iPhoneのときはあきらめていたのですが、やはりiPadの大きな画面は魅力的。

そこで考えたのが「Air Sharing」を使う方法。
私はiPhoneで使っています。
このアプリはWi-FiでPCからiPhoneの保存領域に直接、ファイルをコピーすることができます。
便利なのですが、私の環境では、iPadでこれを使うと同期に時間がかかって終わりません。

そこで「Dropbox」を使うことにしました。


Dropbox - Files - Online backup, file sync and sharing made easy.

いわゆるオンラインストレージというもので、サーバ上に自分専用の保存領域があって、ネットにつながる環境ならば、自由にデータをアップロードしたりダウンロードしたりできます。
無料で2ギガまで使えます。
とても便利だということは知っていたのですが、以前、別の似たようなサービスで使いにくい上に広告メールが頻繁に送られて閉口したことがあるので何となく避けていました。

ブラウザ上でも使えますが、ソフトをダウンロードしてインストールした方がよいです。
インストールするとマイドキュメントに専用のフォルダができます。
このフォルダにファイルをコピーすると、即座にウェブ上の「Dropbox」にコピーされます。コピーというよりは同期です。

次にiPadにiPad用のアプリ「Dropbox」をインストールしました。無料です。
するとフォルダに先ほどコピーしたファイル名が表示されています。
選択するとファイルの内容が表示されます。

さらにiPhoneにアプリ「Dropbox」をインストールしました。
3G回線で接続するとさすがに一瞬とは言えませんが、ちゃんとファイル名が表示され、内容を見ることができます。

写真だけでなく動画も問題なく表示されました。PDF、RTFも大丈夫でした。
他にも対応しているファイルが色々あるようですので、とにかく何でもかんでもPC上のフォルダにコピーしておけば、外出先でもiPhoneやiPadでファイルを見ることができそうです。

iPodにビデオを転送できないときの対処法

久しぶりにiPodの同期をしてみました。
すると、同期できないビデオがあるというメッセージが。iTunesでは見られるのにiPodに転送できないのです。
どれも最近追加したビデオ。
前は同じようにして、できたと思うのですが。

iTunes:iPod または iPhone にビデオを転送できない

  1. iTunesで該当するビデオを選択します。
  2. メニューの「詳細」-「iPod/Phone バージョンを作成」(英語版ならば「Advanced」-「Create iPod or iPhone Version」)を選択します。
  3. 別にiPodに対応したビデオが作成されます。結構、時間がかかります。

これでiPodに転送できるようになりました。

ディオが参加したアルバムを表示するスマートプレイリスト

iTunesでディオが参加したアルバムを表示するスマートプレイリストを作ってみました。
「他にもこんなのがあるぞ」というのはあるかもしれませんが、私はこれしか持っていません。

ディオが参加したアルバム

追記
Elfが抜けていました!

BPMを自動的に測定してiTunesにセットするBPM Analyzer

BPMは音楽の拍数を表す単位です。1分間でビートがいくつあるかで表されます。テンポと言うこともあります。
つまり曲の速さを表す単位で、これを測るためには音楽を聴きながらストップウォッチを片手に拍数を数える必要があります。
とても面倒です。

これを自動的に行い、iTunesのBPMにセットしてくれるフリーソフトがあります。

MixMeister Free Stuff :: BPM Analyzer

使い方は簡単でiTunesから曲をこのソフトにドラッグアンドドロップするだけです。
あとは順々にBPMを測定してiTunesにセットしてくれます。

たまにテンポを半分に見込んでしまうケースがあります。例えば本当はテンポ160なのに80と測ってしまうことがあります。もちろん逆もあります。
また最近の曲は小数部分の端数が小さいです。おそらくリズムを電子楽器が担当しているためにテンポが正確なのでしょう。昔の曲はひょっとするとメトロノームとかドラマーの勘だったりして。

古い記事

タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報