JavaScriptで日付を扱うスニペット

JavaScriptで日付オブジェクトを扱ったり変換したりする場合に使うスニペットです。 (さらに…)

年齢別の人数をカウントする「年齢構成表」

会員や従業員などの年齢別の人数をカウントするツールを作りました。

年齢構成表

基準日と生年月日のリストを入力して実行すると年齢別に人数をカウントして結果をCSVと表で表示します。

休日が最も少なくなる年は?

今年、2017年は祝日と土曜日が重なる日が多いそうです。週休二日の場合、休日が減る、というわけです。
確認してみました。 (さらに…)

ブラックフライデー一覧

ブラックフライデーは感謝祭の翌日です。
感謝祭は11月の第4木曜日です(ちなみに11月の第3木曜日はボジョレーヌーヴォーです)。
つまりブラックフライデーは「11月の第4木曜日の翌日」になります。
ここで次のような疑問が生じます。 (さらに…)

西暦年月日を挿入するマクロ

Wordには今日の日付を挿入する機能があります。
メニューの 挿入 - テキスト - 日付と時刻 を選択します(Word2013の場合)。
デフォルトではキーボードショートカットとして「Ctrl+;」(Ctrlキーを押しながらセミコロンキー)が割り当てられています。
しかし「日付と時刻」ダイアログが表示され、表示形式を選択する必要があります。またファイルによっては言語の選択が英語になってしまう場合があります。
私は西暦年月日だけを挿入したいので不便です。
マクロを作りました。 (さらに…)

VBAのFormat関数の日時部分をJavaScriptで再現

VBAにはFormat関数があり日時や数値を整形します。
これをJavaScriptで再現してみました。なお全部ではなく日時部分だけです。
「date_format(日付オブジェクト,フォーマット)」のようにして使います。
例えばフォーマットを「yyyymmdd」とすると「20160118」に変換します。 (さらに…)

GoogleスプレッドシートとGoogle Apps Scriptの日付

GoogleスプレッドシートからGoogleカレンダーにインポート」を書いたのですが、今回、こんな質問をいただきました。
「開始時刻を設定し、終了時刻は自動的にその1時間後にする方法はないか」
そこでGoogle Apps Scriptで日時がどのように扱われているか、調べてみました。 (さらに…)

日付を判定する正規表現

日付を8桁の数列で表示するケースがあります。2015年2月5日ならば「20150205」とするような場合です。
逆に8桁の数列が日付かどうか判定する方法を考えます。
JavaScriptの正規表現を使います。 (さらに…)

iPhoneで「きょう」と入力すると?

今年は平成27年、西暦2015年です。年始は年を間違えがちです。
メールなどで間違えると恥ずかしいです。

iPhoneの場合、間違えずに済む方法があります(iOS8.1.2)。
「きょう」と入力すると次の通り変換候補が現れます。
「1/9」「2015/01/09」「1月9日(金)」「2015年1月9日」「平成27年1月9日」「金曜日」 (さらに…)

PHPのタイムスタンプとMySQLの日時を相互に変換

PHPは日時をタイムスタンプで管理しています。これは1970年1月1日からの通算秒数です。
MySQLで日時(datetime型)を扱う場合は「2014-01-02 03:04:05」のようにします。
これらについては相互に変換することが多いので次の通りまとめておきます。

function datetime2timestamp($datetime){
  //PHPのタイムスタンプをMySQLのdatetime型に変換。
  $re = "/(\d+)-(\d+)-(\d+) (\d+):(\d+):(\d+)/";
  if(preg_match($re, $datetime, $m)){
    return mktime($m[4], $m[5], $m[6], $m[2], $m[3], $m[1]);
  }
}
function timestamp2datetime($timestamp){
  //MySQLのdatetime型をPHPのタイムスタンプに変換。
  return date("Y-m-d H:i:s", $timestamp);
}
古い記事

タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報