メイウェザーとパッキャオを比較

フロイド・メイウェザー・ジュニアとマニー・パッキャオが5月3日に対戦します。
「WBA・WBC・WBO世界ウェルター級王座統一戦」だそうです。
二人を比較してみました。 (さらに…)

大相撲の部屋別人数、出身別人数

一月場所の番付を見ると幕内力士は42人でした。
日本相撲協会公式サイト

部屋別人数を調べてみました。 (さらに…)

国内ジム所属の現役世界王者

ボクシング、WBAとWBCのスーパーフェザー、フェザー、スーパーバンタム、バンタムの4階級、8人のチャンピオンのうち、現在、6人が日本国内のジムに所属する選手なんですね。
一覧にしてみました。

ダレナノ-西岡 利晃、内山 高志、長谷川 穂積、粟生 隆寛、下田 昭文、亀田 興毅

  • 西岡利晃 (1976年7月25日生、34歳)WBC世界スーパーバンタム級
  • 内山高志 (1979年11月10日生、31歳)WBA世界スーパーフェザー級
  • 長谷川穂積 (1980年12月16日生、30歳)WBC世界フェザー級
  • 粟生隆寛 (1984年4月6日生、26歳)WBC世界スーパーフェザー級
  • 下田昭文 (1984年9月11日生、26歳)WBA世界スーパーバンタム級
  • 亀田興毅 (1986年11月17日生、24歳)WBA世界バンタム級

WBCとWBAの違い

内藤大助が素人を破り、WBCフライ級チャンピオンの座を防衛したわけですが、WBCとWBAの違いがよくわかりません。
WBCは世界ボクシング評議会。1968年にWBAから分離し、現在、加盟国が最も多い。
WBAは世界ボクシング協会。
世界的な組織は他にもあるようですが日本の日本ボクシングコミッション(JBC)が認めているのはこの2つだけのようです。

(さらに…)

千代の富士の引退と信楽高原鉄道の事故

今日から大相撲が始まりました。
スポーツニュースに引退した栃東がスーツ姿で出ていて、意外に筋肉質なのだなあ、と思いました。
「筋肉質と言えば」と、千代の富士のことを調べてみたら、「体力の限界」という有名な引退会見をしたのが、1991年5月14日、ちょうど明日だったんですね。
同じ日に、信楽高原鉄道で正面衝突事故があって、こちらも大事件でした。

K-1ワールドMAX日本代表決定トーナメント2007

K-1ワールドMAX日本代表決定トーナメント2007は佐藤嘉洋が2連覇。
やはり日本人が相手だと佐藤は強いですね。
背が高いし、リーチがあるし。スタミナもあるし。
セーム・シュルトの日本人版という感じ。
小比類巻はボビーの弟、アンディ・オロゴンに負けました。3ラウンドまでの判定でドローでしたが、アンディが勝っていたように思いました。結局、延長戦で判定負け。

やはりクリームを塗っていた

大晦日の秋山対桜庭の試合は秋山が勝ったのですが、試合中、桜庭が「滑る」とアピールしており、秋山が身体にクリームを塗っていたという疑惑がありました。
今回、やはりクリームを塗っていたことが分かり、秋山は失格。
私はまだ有名になる前の秋山選手を見かけたことがあるので、応援しているのですが、どうにも胡散臭い部分があるのも事実。
以前にも柔道着にクリームを塗ったという疑惑をもたれていたこともありましたし。
元在日韓国人で日本に帰化したため、「日本と韓国のために」というスタンスのようですが、実際はどうなのでしょう?
このクリームがなくても、やはり秋山は桜庭に勝っていたでしょう。
もう桜庭が全盛期を過ぎているのはあきらかで、再戦をしてもまた負けます。
再戦云々以前に、桜庭にはもう引退してもらいたいです。見ていられません。

やはり滑った…クリーム使用の秋山失格、無効試合に ファイトマネー全額没収 「Dynamite」桜庭戦-スポーツニュース:イザ!
昨年大みそかのK-1「Dynamite」で勝利した06年HERO’SのLヘビー級(85キロ)世界王者・秋山成勲(31)が失格となり、試合も「無効試合」となった。11日、K-1が発表した。秋山は桜庭和志(37)と対戦したが、試合直前、肌の乾燥防止用クリームを全身に塗布していたことが判明。K-1側はファイトマネーの全額没収の処分も科した。秋山は認識不足を謝罪し、桜庭との再戦を熱望した。

剣道の世界大会があることの方に驚いた

第13回剣道世界選手権で日本が負けたそうです。
日本が負けたことより、圧倒的に日本が有利であるはずの剣道の世界大会が開かれていたことの方が驚きです。しかも日本ではなく台北で開かれていたというところも。

世界剣道、日本男子の連覇とぎれる 米に逆転負け-スポーツニュース:イザ!
剣道の第13回世界選手権は10日、台北で男子団体(5人制)が行われ、日本は準決勝で米国に2-3で敗れ、第1回大会から続いていた連覇が途切れた。日本は前日まで女子の団体、個人、男子個人をいずれも制し、この大会の全種目制覇を続けていた。(共同)

もう、後がないって何回目?

また曙太郎が大晦日の格闘技に出るそうです。
今度の相手はジャイアント・シルバ。
何だか、組み合ってもつれて倒れて、テクニックも何もない、ぐだぐだな試合になりそうです。

【K-1】計377キロ!31日に曙Vsシルバ-スポーツニュース:イザ!
大みそかK-1「Dynamite」(京セラD)の追加3カードが8日、発表され、元大相撲横綱・曙(37)は、2メートル30のジャイアント・シルバ(43)=ブラジル=戦が決まった。04年に元幕内・戦闘竜(37)=米国=を一蹴した大巨人に対し、曙は「相撲を舐めんな」と怒りの宣戦布告。大みそか3連敗の曙が、2人合計377キロ、総合格闘技史上最重量のド迫力マッチに進退を賭ける。
断崖絶壁、後がない。すでに戦闘モードの曙が、汗まみれの顔で語気を荒らげた。敵は自分よりふた回り大きいが、「どうこう言ってる場合じゃない。今年の大みそかはオファーがないと思ってたんで大喜びで受けた。対策はこれから考えるが、リングを壊すイメージでいく」。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報