西暦年月日を挿入するマクロ

Wordには今日の日付を挿入する機能があります。
メニューの 挿入 - テキスト - 日付と時刻 を選択します(Word2013の場合)。
デフォルトではキーボードショートカットとして「Ctrl+;」(Ctrlキーを押しながらセミコロンキー)が割り当てられています。
しかし「日付と時刻」ダイアログが表示され、表示形式を選択する必要があります。またファイルによっては言語の選択が英語になってしまう場合があります。
私は西暦年月日だけを挿入したいので不便です。
マクロを作りました。 (さらに…)

PowerPointで罫線の太さや色を一括して変更する方法

Excelが好まれる理由として罫線の引きやすさというのがあると思います。
一方でWordやPowerPointは罫線が扱いにくいです。特にPowerPointは難しいです。
そこで、PowerPointで罫線の種類、太さ、色を一括して変更する方法を紹介します。PowerPoint2013で確認しました。 (さらに…)

PowerPointで差し込み印刷

Wordには差し込み印刷という機能がありますが、PowerPointにはありません。
VBA(マクロ)を使ってExcelのデータをPowerPointに差し込んで保存する方法を考えました。
一応、動きましたので、自分のメモとして残しておきます。
PowerPoint2013、Excel2013で確認しました。 (さらに…)

Wordで表と表の間に改行を挿入する

Wordで二つの表が縦に並んでいて、これらの間に隙間がないとします。
このような場合に表と表の間に改行を挿入して隙間(空行)を作る方法です。Word2013で確認しました。

  1. 二つの表のうち、下の表の先頭行にカーソルを移動する。
  2. メニューの 表ツール - レイアウト - 結合 - 表の分割 を選択。

これで下の表の上に空行ができます。

Excelで「Enterは下に、Tabは右に移動する」だけではない

Excelのワークシート上でEnterキーを押したときの移動方向については、メニューのファイル - オプション - 詳細設定 の「Enterキーを押したら、セルを移動する」で設定できます。
初期設定では、Excelのワークシート上でEnterキーを押すと下のセルに移動します。
Tabキーを押すと右のセルに移動します。
ただ、これだけならば矢印キーと変わりません。実は次のような動きをします。Excel2013で確認しました。 (さらに…)

Excelで印刷時に文字がはみ出さないようにする方法

Excelで「折り返して全体を表示する」を適用している場合、画面上ではセルに収まっている文字が印刷するとはみ出して印字されないというケースがあります。
環境によるのかもしれませんが、これは困ります。ページ設定で縮小するとダメなようです。 (さらに…)

Excelのワークシートの最下行と最右列を取得

Excelのマクロでデータがセットされている最も下の行を求める場面はよくあります。
ワークシートにA1セルを起点(左上)とする一般的な表がある場合、
Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
とすることで取得できます。
Cells(Rows.Count, 1)はワークシートのA列の最も下のセルを表します。Excel2013ならば1048576になります。
End(xlUp)はCtrlを押しながら上向き矢印を押したのと同じ効果があります。つまり最も下のセルから上に向かってデータがセットされているセルを探します。
Rowで行番号を表します。
これならば万が一、表の左端に空のセルがあっても求められます。
最も右の列を求めるのも同様です。

まとめると次のようになります。

最も下の行番号
Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

最も右の列番号
Cells(1, Columns.Count).End(xlToLeft).Column

なお範囲を取得するにはCurrentRegionを使う方法もあります。

Excelを表計算ソフトとして使う

Excelを表計算以外に使用するケースは多いです。「Excel方眼紙」などはその最たるものです。
しかしExcelは表計算ソフトとして使うときに最大の効果を発揮します。
そこで表計算ソフトとして使うための基本中の基本を考えたいと思います。
Excelのバージョンに関わらず使え、LibreOfficeなど類似ソフトにも応用できるはずです。 (さらに…)

いい感じにできたスタイルを他のWord文書に適用する方法

Wordにはスタイルセットという機能があります。
メニュー(リボン)の「デザイン」タブの「ドキュメントの書式設定」にある「スタイルセット」に17種類の「組み込み」のスタイルセットが用意されています。
Wordで文書を作成する際に「表題」や「見出し」などのスタイルを適切に使用している場合、スタイルセットを使うと、スタイルに応じてフォントやレイアウトをまとめて変えることができます。統一感があるので美しく見えます。 (さらに…)

複数のWord文書に対して文字列置換

フォルダを指定し、その中のWord文書に対して、文字列の置換をするマクロです。
まず置換前の文字列と置換後の文字列を入力します。
その後、フォルダを選択します。
実行されるとファイルを開き置換を行い上書き保存します。これを繰り返します。 (さらに…)

古い記事

タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報