Googleマップでオフラインマップから復旧する方法

iPhoneでGoogleマップで何かを検索すると「(オフライン)タップして再試行」と表示され強制的にオフラインマップを検索しようとする場合があります。 (さらに…)

LibreOffice Calcでグリッド線を非表示にする方法

セルの周囲に表示される薄い線を、Excelでは「枠線」と呼びますが、LibreOffice Calcでは「グリッド線」と呼びます。
このグリッド線を非表示にする方法です。バージョン5.3.0.3で確認しました。 (さらに…)

A3RTのTalk APIを試してみるツール

A3RTはリクルートが開発した人工知能に関するプロジェクトです。
これらのAPIは一般に公開されています。

A3RT

リコメンドリストを作ったり、文章を推敲したりする機能が提供されています。
今回はこれらのうち「Talk API」の機能を試すツールを作ってみました。 (さらに…)

Dropboxが起動しないときに試した方法

突然、WindowsでDropboxが起動しなくなりました。次のようなメッセージが表示されます。
「PYTHON27.DLL は Windows 上では実行できないか、エラーを含んでいます。」 (さらに…)

Excelで選択範囲内の罫線の太さを変えるマクロ

Excelで困ることの一つと言えば凝った表です。罫線の太さが細かく調整されていると見た目がいいです。一方、メンテナンスが面倒になります。太さが混在していると非常に醜いです。
シンプルな表ならば一括して太さを指定し直せばいいのですが、罫線が不要な部分にもセットされてしまいます。
そこで、罫線がある部分だけを対象に太さを一括して変えるマクロを考えました。 (さらに…)

Wordでワイルドカード検索の結果を使って置換するサンプル

Wordのワイルドカードを使うと検索した結果を使って少し複雑な置換をすることができます。
例えば「福沢 諭吉」を「諭吉 福沢」のように姓名を逆にしたりすることもできます。

「検索する文字列」で特定の箇所を半角括弧で挟むと、その箇所を「置換後の文字列」として指定することができます。
「特殊文字」として「検索する文字列式(X)\n」を使います。

次は「03(1234)5678」と表記した電話番号を「03-1234-5678」に置換するサンプルです。
なお「ワイルドカードを使用する」にチェックしておきます(他のチェックは外す)。
Word2013で確認しました。 (さらに…)

LINEとTwitterのキャッシュを削除する方法

iPhoneのLINEとTwitterのAppのキャッシュを削除する方法です。
ヘビーユーザーだとかなり溜まっていると思います。 (さらに…)

JavaScriptで日付を扱うスニペット

JavaScriptで日付オブジェクトを扱ったり変換したりする場合に使うスニペットです。 (さらに…)

Googleスプレッドシートで英単語帳を作る方法

以前、Google翻訳で英単語の意味を一括して調べる方法を紹介しましたが、もっと簡単な方法を知りましたので紹介します。 (さらに…)

JavaScriptで正規乱数

JavaScriptではMath.randomを使って乱数を発生させます。0から1までの間の数がランダムに返ります。発生の確率はどの数も同じなので一様乱数といいます。
一方で、ある値に偏った乱数がほしい場合があります。例えば20点満点のテストで平均点が10点で人数が最も多く、0点と20点は人数が少ないというような分布になるような乱数です。このような分布を正規分布といい、このように発生する乱数を正規乱数といいます。 (さらに…)

古い記事

タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報