きじとら

Pocket

日曜日の12時20分に2人で行く。満席だがすぐに座れた。
店の右側に食券販売機。左側にLをひっくり返した形のカウンターがあり12人座れる。中が厨房。店員は3人。
次の通り注文。
・ラーメン600円
・つけめん700円
サイズは両方とも「中」(ラーメン300グラム、つけめん400グラム)。ニンニク、ショウガは入れず。

ラーメンはスープの表面が見えないほどの具が載せられている。
厚切りのチャーシューはコンビーフのような独特の味わいで美味しい。
モヤシとキャベツがたっぷり。
麺はうどんのような極太麺。箸で持ち上げるのに苦労する。割り箸でないと難しい。
スープは塩味で、いわゆる二郎系とは異なる。

つけめんは、麺は同じ極太麺だが、スープは魚介の効いた醤油味で少し甘め。

接客が丁寧でいわゆる二郎系の居心地の悪さはない。
厨房側に貼られた「お客さんのプライドを傷付けないようにしましょう」の注意書きが心配りを感じさせる。
店内には「はるかぜ」と書かれた箱、「オーション」と書かれた小麦粉の袋が山積み。

きじとら
レビュー:stabucky

野菜が多いラーメンの店。
ラーメンが600円とリーズナブル。太麺で野菜がたっぷりだが二郎系ではない。
評価:3

[ 2017年5月7日 | カテゴリー: ラーメン | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報