野球世界大会における日本代表の成績一覧

Pocket

第4回WBCが始まりました。日本はキューバ、オーストラリアに勝ち、第1ラウンド突破をほぼ確実にしています。

これまでの野球の世界大会の日本の成績について一覧にまとめました。
全員がプロ選手となったアテネ五輪以降が対象です。

大会 監督 成績 優勝
2004 アテネ五輪 中畑清 3位 キューバ
2006 WBC2006 王貞治 優勝 日本
2008 北京五輪 星野仙一 4位 韓国
2009 WBC2009 原辰徳 優勝 日本
2013 WBC2013 山本浩二 ベスト4 ドミニカ共和国
2015 プレミア12 小久保裕紀 3位 韓国
2017 WBC2017 小久保裕紀 ベスト4 アメリカ

アテネ五輪(2004)

予選リーグ(総当り)を6勝1敗で1位通過。
準決勝はオーストラリアに0対1で負け。
3位決定戦はカナダに11対2で勝ち。

WBC2006

日本は第1ラウンド(総当り)を2勝1敗で2位通過(1位は韓国)。
第2ラウンド(総当り)を1勝2敗で2位通過(失点率)(1位は韓国)。
準決勝は韓国に6対0で勝ち。
決勝はキューバに10対6で勝ち。

北京五輪(2008)

予選リーグ(総当り)を4勝3敗で4位通過。
準決勝は韓国に2対6で負け。
3位決定戦はアメリカに4対8で負け。

WBC2009

日本は第1ラウンド(敗者復活ありの勝ち抜き戦)を2勝1敗で2位通過(1位は韓国)。
第2ラウンド(敗者復活ありの勝ち抜き戦)を3勝1敗で1位通過。
準決勝はアメリカに9対4で勝ち。
決勝は韓国に5対3で勝ち。

WBC2013

日本は第1ラウンド(総当り)を2勝1敗で2位通過(1位はキューバ)。
第2ラウンド(敗者復活ありの勝ち抜き戦)を3連勝で1位通過。
準決勝でプエルトリコに1対3で敗れた。
優勝はドミニカ共和国。

プレミア12(2015)

予選リーグ(総当り)を5勝0敗で1位通過。
準々決勝はプエルトリコに9対3で勝ち。
準決勝は韓国に3対4で負け。
3位決定戦はメキシコに11対1で勝ち。

WBC2017

日本は第1ラウンド(総当り)を3連勝で1位通過。
第2ラウンド(総当り)を3連勝で1位通過。
準決勝でアメリカに1対2で敗れた。
優勝はアメリカ。

※2017年3月23日 WBC2017について追記。

[ 2017年3月9日 | カテゴリー: 野球日本代表 | タグ: , , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報