mapやfilterなどJavaScriptの配列に関するメソッド(まとめ)

Pocket

JavaScriptにはmapやfilterなど配列に関する便利なメソッドがあります。
これらについて簡単にまとめてみました。

map

配列の各要素についてそれぞれ処理をして新しい配列を返します。

a = [1, 2, 3, 4, 5];
console.log(map_test(a));//[1, 4, 9, 16, 25]

function map_test(a) {
  return a.map(function (x) {
    return x * x;
  });
}

filter

配列の各要素について条件に合致するものだけを抽出した新しい配列を返します。

a = [1, 2, 3, 4, 5];
console.log(filter_test(a));//[1, 3, 5]

function filter_test(a) {
  return a.filter(function (x) {
    return x % 2 == 1;
  });
}

reduce

配列の各要素を最初から順に2個ずつ取り出して処理をして値を返します。合計や階乗などに使えます。

a = [1, 2, 3, 4, 5];
console.log(reduce_test(a));//15

function reduce_test(a) {
  return a.reduce(function (x, y) {
    return x + y;
  });
}

every

配列の各要素について条件に合致するかチェックし、全てが合致する場合、trueを返します。

a = [1, 2, 3, 4, 5];//false
console.log(every_test(a));
a = [4, 5];
console.log(every_test(a));//true

function every_test(a) {
  return a.every(function (x) {
    return x > 3;
  });
}

some

配列の各要素について条件に合致するかチェックし、どれかが合致する場合、trueを返します。

a = [1, 2, 3, 4, 5];
console.log(some_test(a));//true
a = [4, 5];
console.log(some_test(a));//false

function some_test(a) {
  return a.some(function (x) {
    return x < 3;
  });
}

forEach

配列の各要素について処理をします。

a = [1, 2, 3, 4, 5];
console.log(forEach_test(a));//1:4:9:16:25

function forEach_test(a) {
  texts=[];
  a.forEach(function (x) {
    texts.push(x * x);
  });
  return texts.join(":");
}

[ 2017年1月24日 | カテゴリー: JavaScript | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報