GoogleカレンダーからExcelにデータを移行する方法

Pocket

GoogleカレンダーからエクスポートするとiCalendarファイル(iCal形式)というテキストデータになります。
例えば、千葉ロッテの今年の日程をエクスポートすると次のようになります。

BEGIN:VCALENDAR
PRODID:-//Google Inc//Google Calendar 70.9054//EN
VERSION:2.0
CALSCALE:GREGORIAN
METHOD:PUBLISH
X-WR-CALNAME:CLM2014
X-WR-TIMEZONE:Asia/Tokyo
X-WR-CALDESC:千葉ロッテマリーンズ2014年日程
BEGIN:VEVENT
DTSTART:20140814T090000Z
DTEND:20140814T120000Z
DTSTAMP:20140224T001600Z
UID:CSVConvertxxx
CREATED:19000101T120000Z
DESCRIPTION:
LAST-MODIFIED:20140125T123028Z
LOCATION:札幌ドーム
SEQUENCE:0
STATUS:CONFIRMED
SUMMARY:北海道日本ハム
TRANSP:OPAQUE
END:VEVENT
END:VCALENDAR

見やすいようにインデントを施すと次のようになります。

BEGIN:VCALENDAR
  PRODID:-//Google Inc//Google Calendar 70.9054//EN
  VERSION:2.0
  CALSCALE:GREGORIAN
  METHOD:PUBLISH
  X-WR-CALNAME:CLM2014
  X-WR-TIMEZONE:Asia/Tokyo
  X-WR-CALDESC:千葉ロッテマリーンズ2014年日程
  BEGIN:VEVENT
    DTSTART:20140814T090000Z
    DTEND:20140814T120000Z
    DTSTAMP:20140224T001600Z
    UID:CSVConvertxxx
    CREATED:19000101T120000Z
    DESCRIPTION:
    LAST-MODIFIED:20140125T123028Z
    LOCATION:札幌ドーム
    SEQUENCE:0
    STATUS:CONFIRMED
    SUMMARY:北海道日本ハム
    TRANSP:OPAQUE
  END:VEVENT
END:VCALENDAR

実際には「BEGIN:VEVENT~END:VEVENT」が繰り返されます。ここがデータの本体と言えます。
この形式はXMLに似ています。試しに書きなおしてみると次のようになります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<VCALENDAR>
  <PRODID>-//Google Inc//Google Calendar 70.9054//EN</PRODID>
  <VERSION>2.0</VERSION>
  <CALSCALE>GREGORIAN</CALSCALE>
  <METHOD>PUBLISH</METHOD>
  <X-WR-CALNAME>CLM2014</X-WR-CALNAME>
  <X-WR-TIMEZONE>Asia/Tokyo</X-WR-TIMEZONE>
  <X-WR-CALDESC>千葉ロッテマリーンズ2014年日程</X-WR-CALDESC>
  <VEVENT>
    <DTSTART>20140814T090000Z</DTSTART>
    <DTEND>20140814T120000Z</DTEND>
    <DTSTAMP>20140224T001600Z</DTSTAMP>
    <UID>CSVConvertxxx</UID>
    <CREATED>19000101T120000Z</CREATED>
    <DESCRIPTION></DESCRIPTION>
    <LAST-MODIFIED>20140125T123028Z</LAST-MODIFIED>
    <LOCATION>札幌ドーム</LOCATION>
    <SEQUENCE>0</SEQUENCE>
    <STATUS>CONFIRMED</STATUS>
    <SUMMARY>北海道日本ハム</SUMMARY>
    <TRANSP>OPAQUE</TRANSP>
  </VEVENT>
</VCALENDAR>

ここからが本題です。
iCalendarファイルをExcelに読み込ませる方法を考えます。直接は無理なので一度、TSV(タブ付き区切り)に変換します。TSVならばExcelにインポートさせられます。

JavaScriptを使います。
上で見たように「BEGIN:VEVENT~END:VEVENT」の部分だけを取り出します。

function ical2tsv(list) {
  var events, lines, records, parts, tags, results, cells;
  var i, j, events_length, lines_length, tags_length;
  //整形
  list = list.replace(/\r/g, "");
  list = list.replace(/\n /g, "");
  //取得
  events = list.match(/BEGIN:VEVENT[\s\S]*?END:VEVENT/g);
  events_length = events.length;
  records = [];
  tags = [];
  for (i = 0; i < events_length; i++) {
    records[i] = [];
    lines = events[i].match(/.*:.*/g);
    lines_length = lines.length;
    for (j = 0; j < lines_length; j++) {
      parts = lines[j].match(/(.*?):(.*)/);
      records[i][parts[1]] = parts[2];
      tags.push(parts[1]);
    }
  }
  tags = unique(tags);
  //TSV
  results = [];
  results.push(tags.join("\t"));
  tags_length = tags.length;
  for (i = 0; i < events_length; i++) {
    cells = [];
    for (j = 0; j < tags_length; j++) {
      cells[j] = records[i][tags[j]];
    }
    results.push(cells.join("\t"));
  }
  return results.join("\n");
}
function unique(array) {
  var array_length, unique_array, check, i;
  array_length = array.length;
  unique_array = [];
  check = [];
  for (i = 0; i < array_length; i++) {
    if (!check[array[i]]) {
      check[array[i]] = true;
      unique_array.push(array[i]);
    }
  }
  return unique_array;
}

iCalendarファイルは「DTSTART」などのタグ(見出しに相当)が全てのレコードで共通でないケースがあります。
そこで、一度、すべてのタグを抽出し、重複がないように整理して、並べています。
「list = list.replace(/\n /g, "")」の部分が奇妙な感じです。iCalendarファイルは長いテキスト(「DESCRIPTION」)については半角100字ごとに「改行+半角スペース」が挿入されます。これを削除しています。

「ical2tsv」については次のページで試すことができます。

Text2What

[ 2014年2月28日 | カテゴリー: JavaScript | タグ: , , , , ]

« | »

コメント

  1. […] なお「unique」という自作の関数を使っています。「GoogleカレンダーからExcelにデータを移行する方法」に書かれています。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報