国土地理院の都道府県別データは並び順が違う?

Pocket

都道府県に関するデータを整理していて、奇妙なことに気付きました。
都道府県には番号が付いていて、北海道が1、沖縄が47になっています。
ベースになるのは総務省の「全国地方公共団体コード」です。
東京が13、神奈川が14で、次が日本海側にとんで、新潟が15になります。富山、石川、福井でまたとんで山梨、長野、岐阜となります。

しかし国土地理院が提供するデータに並び順が違うものがありました。
神奈川の次が山梨になります。長野、新潟、富山、石川、福井、岐阜となります。以下、同じです。
隣接する県がつながる点で、国土地理院の方が分かりやすい気がします。

都道府県 全国地方公共団体コード 国土地理院
神奈川県 14 14
新潟県 15 17
富山県 16 18
石川県 17 19
福井県 18 20
山梨県 19 15
長野県 20 16
岐阜県 21 21

もし国土地理院のデータを使う場合は気を付けて下さい。

[ 2014年2月19日 | カテゴリー: 豆知識 | タグ: , , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報