Wi-FiでWinとMac間のファイルをやり取りする「Any Send」

Pocket

Macを使い始めてちょっと不便に思うのは、Windowsパソコンとのファイルのやり取りです。
LANでつながっているので簡単にできるはずなのですが、MacからWindowsを認識しません。
そこで小さなファイルならばメールに添付して自分宛に送信、大きなファイルならばUSBメモリでコピー、というちょっと面倒なことをしていました。
そこで見つけたのが「Any Send」です。

Any SendAny Send

Wi-Fiを使い、Windows、Mac、Androidの間で簡単にファイルのやり取りをするソフトです。もちろん有線LANでもOKです。無料です。
まだiPhoneには対応していません。今後、対応されるようです。
私の環境ではWindowsとMacがつながればいいので、それぞれにそれぞれに対応したソフトをインストールします。
Windowsはダウンロードして解凍してexeファイルを実行。MacはAppストアからインストールします。
使い方は簡単です。

  1. Windows側で送りたいファイルをコピーします。
  2. Any Sendが起動していれば下部のタスクバーにアイコンが表示されるので、それをクリックします。※アイコンが表示されない場合は▲(上向き三角、「隠れているインジケーターを表示します」)をクリックします。
  3. Mac側のユーザー名が表示されますのでクリックします。
  4. これで該当のファイルがMacに送られます。※最初は確認ダイアログが出ます。

MacからWindowsも同様です。

Windows側は個人フォルダのDocumentsフォルダにAny Sendフォルダができて、この中にコピーされます。
Mac側はダウンロードフォルダにAny Sendフォルダができて、この中にコピーされます。

正しく動作しない場合は、Any Sendを再起動するとうまくいくことがあります。

[ 2013年8月5日 | カテゴリー: フリーソフト | タグ: ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報