野球場のサイズ比較

Pocket

日本の野球場の両翼と中堅までの大きさを調べてみました。
単位はメートルです。
概算面積は、面積を非公表にしているところもあるので、中堅までの距離を半径とする扇形として計算しました。目安にしてください。

名称 両翼 中堅 概算面積
東京ドーム 100 122 11,684
神宮球場 10197.5 120 11,304
横浜スタジアム 94 118 10,875
ナゴヤドーム 100 122 11,684
甲子園球場 95 118 10,930
広島市民球場 101 122 11,684
札幌ドーム 100 122 11,684
宮城球場 102 122 11,684
西武ドーム 100 122 11,684
千葉マリンスタジアム 100 122 11,684
大阪ドーム 100 122 11,684
福岡ドーム 100 122 11,684
平均 99 121 11,512

平均をとると両翼99.4メートル、中堅121.1メートルとなりましたが、両翼100メートル、中堅122メートルとしている球場が多いので、これが日本の標準と考えるのが適当かも知れません。
アメリカのように極端に大きい、小さい、左右が違う、という球場はないようです。

概算面積の平均は11512平米。
ちなみにサッカーのフィールドは、国際基準だと100-110メートル×64-75メートルなので間をとって105メートル×69.5メートルとすると7297.5平米となります。

2013年10月30日追記
神宮球場の両翼が3.5メートル短い97.5メートルだったことが分かったそうです。

[ 2012年2月1日 | カテゴリー: 野球 | タグ: , , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報