コクヨの紙データ管理アプリ「CamiApp」

Pocket

コクヨが、専用のノートに書いた文字や図を撮影して電子データで管理するためのアプリ「CamiApp」を発表しました。

CamiApp <キャミアップ> - コクヨS&T

iPhone用のアプリ(App)は既に入手できます。無料です。
iPhoneのカメラで撮影したノートをEvernoteに転送することができます。

となると思いだすのはキングジムの「ショットノート」。
iPhoneアプリと専用ノートの組合せは、コンセプトがまったく同じです。
後発として、どのような工夫があるのでしょうか。

ショットノートの専用ノートは四隅に四角いマーカーが付いていました。そして下部に「SHOT NOTE」というロゴがあり、これらでノートのサイズを認識し適正な形に補正していました。
認識はかなりシビアです。

一方、CamiAppは2通りのノートに対応しています。
一つはリングノート。表紙が黒く大きめなので、撮影すると紙の周りが黒く縁取りされる形になります。これでサイズを認識するようです。
もう一つは見開きノート。四隅に四角いマーカーがあり、これで認識します。ショットノートと同じ仕組みです。

そこで実験してみました。
次のように紙に鉛筆で書いてみます。周りを太く黒い線で囲みました。

これをアプリで撮影します。

正しく長方形に補正されました。
ショットノートの認識がかなりシビアだったのに対し、CamiAppはかなりルーズです。

撮影したデータはEvernoteとDropboxに送ることができます。

ショットノートにはOCR機能が付いていましたが、認識がシビアで慣れるまで使うのが難しいです。3桁の数値と日付が認識できますが、日付の認識は実際、要りません。
一方、CamiAppには、アクションマーカーという、簡易なバーコードが書き込めるようになっていて、7パターンの区別ができます。それぞれのパターンが何を意味するかは、あらかじめアプリにセットしておくことができます。
これくらい簡易な方がいいかもしれません。もちろん撮影した日付は自動的にセットされます。

[ 2011年8月9日 | カテゴリー: iPhone | タグ: , , , ]

« | »

コメント

  1. […] CamiAppを自作 2011 年 8 月 10 日 コメントをどうぞ コメント 「CamiApp」を試しましたが、このノートを自作してみました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報