タイプ練習に最適な文「うわ今朝パンダがヒマラヤ登ったぞ」

Pocket

娘が「ブラインドタッチを覚えたい」と言うので方法を考えてみました。
日本語入力については、カナ入力とローマ字入力のどちらがよいか、長く議論されてきました。
さほどスピードを重視しなければ、覚えるキーの少ない、ローマ字入力がよいと思います。将来、英語を入力するかもしれません。

私自身はアルファベットをaからzまでひたすら打って覚えたのですが、ローマ字入力に関しては無駄が多いです。qなんて必要ありません。

そこで考えたのは「ローマ字入力練習に最適な例文」。

  • (母音)あいうえお→aiueoを含む。
  • (子音)かさたなはまやらわがざだばぱ→kstnhmyrwgzdbpを含む。

このような文を考えます。
母音aiueoが重複するのは避けられませんが、子音kstnhmyrwgzdbpはなるべく重複しないようにします。

できたのが次の文。

うわ今朝パンダがヒマラヤ登ったぞ
uwakesapandagahimarayanobottazo

「n」は「の」と「ん」の両方が使われます。
「t」は撥音(小さい「っ」)の練習になります。
子音の重複はこれだけで、あとは重複しません。

これをひたすら練習すればローマ字入力に必要な最低限のキーの位置は覚えられそうです。

[ 2011年5月12日 | カテゴリー: 小ネタ | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報