カラシビつけ麺 鬼金棒 神田店

Pocket

11時45分に1人で行く。
入口右側に食券販売機。
歪な形のカウンター席に8人座れる。ほぼ満席。中が厨房。
「カラシビつけ麺」880円を注文。
麺の量(並、中、大)、辛さ、痺れを選べるが全部普通(並)にした。並はモヤシが増えるらしい。

先につけ汁、次に麺が提供される。
麺は、並盛で265グラム、中盛で400グラム、大盛で535グラム。並盛にしたが少し物足りなかった。代わりにモヤシが大目に載っている。
つけ汁はドロっとして何が入っているか分からない。食べるとさほど辛くない。逆にかなり痺れる。確かに癖になりそうだ。
チャーシューは肉の塊がゴロンと入っている感じで柔らかく美味しい。
頼むと食べ終えたつけ汁にスープを入れてくれる。これが美味しい。飲み干してしまった。

紙エプロンは食券販売機の横にある。
「鬼金棒」は「きかんぼう」と読む。「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 神田本店」はすぐ隣りにある。

カラシビつけ麺 鬼金棒 神田店
レビュー:stabucky

辛いつけ麺の店。
麺の量、辛さ、痺れを選べる。
評価:4

[ 2017年11月24日 | カテゴリー: ラーメン | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報