初めての人間ドック

昨年、健康診断に行き、えらい目にあったTクリニック。

最後は運です。: 健康診断にクレームを入れる

「そんな酷い目にあわされたのは健康診断だったから。費用の高い人間ドックならば違うのでは?」との憶測に従い、今年も懲りずにTクリニックを選択。しかし今年は人間ドック。
人間ドックを受けるのは初めてです。

電話を入れ、「もう待たされるのはいやだから朝一番を」と言ったところ「2か月先になる」と言われて、予約したのが、今日の朝9時。
そのときはまさか3連休の翌日ということに気付かず、後悔しました。
この3連休は運動会が2連発で良い天気が続きましたが、人間ドックのため、ビールを我慢しなければならず。

今朝は通勤電車と同じ電車に乗って、Tクリニックへ。電車内で同僚を見かけましたが、無視。
予定より20分早く到着。問診表、保険証と「資料」を提出。
「資料」は昨夜、ようやく「完成」。アルコールを飲まないとなかなか「仕事」が進まないので。
受付の人から詳しい説明があり、予定時刻にスタート。
「最初に検尿」と言われますが、昨夜9時から何も飲んでいないので、出るはずもなく、それは後回し。

検査着については、使用前と使用後がはっきりしない点については改善されていないものの受付の人が案内してくれるので問題なし。
聴力検査については、昨年、廊下がうるさくて聞こえないと言ったところ、今年は1メートル四方の防音ブースが設置されていて問題なし。
その他の検査もスムーズ。久しぶりに胃のレントゲン撮影で飲まされたバリウムの量に驚くも特に問題なし。
9時45分にすべての検査が終わりました。
昨年の騒動は一体何だったんだ?

500円の入ったスターバックスのプリペイドカードをくれたので、帰りにスターバックスに寄りました。アイスコーヒーを飲みながら文庫本を読んで一休み。
バリウムを出すための下剤の効果が恐いので昼食は自宅で。

関連記事

[2009-10-13(Tue)]

健康・病気

© 2014 You Look Too Cool