音楽

僕のギターには赤いピックガードがあって、これによって指から血が飛び散ってもわからないようになっている。ページを開く

二両目から私のバイオリンを取り戻していただけませんか。ページを開く

イモなら食ってるよ。あれも野菜だろ?ページを開く

ベスト・メタル・リフの一つを挙げろって?『エンジェル・オブ・デス』だな。ページを開く

だって、TMネットワークで実際に弾いていたのは、俺なんだぜ。ページを開く

ピアノは総ての子供が習うべき楽器の一つだと俺は思ってる。ページを開く

飽きてます。ページを開く

テロリストは話し合いには応じないよ。ページを開く

彼は1年ほど前にラスヴェガスに引っ越したのはいいけど、まだ1人しか友人がいなくて、それがヴィンス・ニールなんだって!ページを開く

楽屋に茶色抜きのM&Mチョコレートをボウル一杯分用意すること。ページを開く

正直、「誰かが死んだ」と言ってもらったほうが「ドラマーが腕を失った」と聞かされるより楽だったかもしれない。だってさ、そんな言葉、これまで聞いたことあるかい?ページを開く

メタリカの連中が「ライド・ザ・ライトニング」のアートワークについて文句を言っていたのを覚えている。彼らは当時、このカヴァーが大嫌いだったんだ。ページを開く

それにロゴもピンクだ。俺達はファッキン・メタル・バンドなのに何故ピンクのロゴだよって思ったよ。ページを開く

広島2日間もギュウギュウ満員御礼ありがとうございましたー!ページを開く

なぜ自分より下手なやつのバックをやらなきゃならないのか?ページを開く

えくぼは恋の落とし穴。ページを開く

そのキスを基準にして、その後の総てのキスは評価されるんだ。ファースト・キスは永遠だ。ページを開く

全然、呑めないんです。ページを開く

自分はサザン・ロックという言葉が好きではない。何故ならそもそもロックン・ロールという音楽は南部で生まれたものという風に感じているから。ページを開く

ライオンのたてがみのようなヘアスタイルにバンシーのような声のシンガー、人々を呆然とさせるギターの神童、キーボードも見事に操る多才なベーシスト、そして命がけでプレイするドラマーがそこにいた。ページを開く

物事には決まりがある。ドン・ペリニオンは冷やして飲むべし。ビートルズは耳栓をして聴くべし。ページを開く

私が一緒に仕事をした中で、スタジオで聴いたのと、ツアーでのパフォーマンスがまるっきり変わらなかったのは、後にも先にもスコーピオンズだけだ。ページを開く

君達のギターはね、一本調子過ぎる。ページを開く

シャロン・オズボーンは一人しかいない。ページを開く

ミスをしたら、必ずそれをもう一度繰り返せ。そうすればオーディエンスはお前がミスしたんじゃなく、わざとそうしたんだと思うから。ページを開く

ガラスの家に住む者は、石を投げられるから注意しなければならない。ページを開く

ここは東京だぜ。ページを開く

ライブハウス武道館へようこそ。ページを開く

ビートルズのレコードを掛けて今でも素晴らしく聞こえるのと同じようにね。いくら技術が進歩しても聖書を書き直すことは出来ないんだ。ページを開く

石巻はロック&ロールだ。ページを開く

私はまだ見ていないけど、彼女は天才だと思うわ。彼女のことを安っぽいとか言う奴はクソ野郎よ。ページを開く

全員地獄に落ちろ。ページを開く

返事が来るまでにかなり時間が掛かったんだ。彼はAC/DCの「ブラックアイス」で忙しかったからね。そりゃ納得出来る言い訳だ!ページを開く

シンガー・ソングライターになってなかったら、やっぱり考えられるのは歯医者だろうな。ページを開く

メロディーを五線紙にうつしたり、五線紙を見てメロディーをピアノで再現するなんてことはできない。だからテープレコーダという文明の利器がなかったら、まったく音楽は作れない。ページを開く

音楽を作るときは、まずメロディーを作る。それをテープに吹き込んでおいて、次に辞書を見る。メロディーにぴったりあった単語を探す。ページを開く

僕の陽水という名、実はアキミと読みましてね。親爺が高知で幸徳秋水の血をひいているかなにかで、こんな名をつけたんです。ページを開く

僕はだいたい根っからのなまけ者で、どうやったら仕事をしないで楽に暮らしていけるかということを、いつも考えているんです。ページを開く

やっぱり、タモリの付き人になって、一日中あれ見れるなんてことになったら面白いだろうなあ。ページを開く

小室等をどう思う?小室さんが変わっているかいないかっていう観点でいうと、オレなんか、かなり変わっていると思うんだね。ページを開く

そもそも芸能人というのは、ナマケ者が多くて、朝七時に起きるのが嫌な人種だということなの。ページを開く

極端にいえばさ、会場はどうでもいいんだよ。音が聴こえなくてもね。ページを開く