野球

ま、とにかく、広島がマジック1、ソフトバンクがマジック1なんでね。北朝鮮のミサイルごときでね、ギャーギャー言うなと。ページを開く

人工芝、いいなあ。ページを開く

試合の勝ち負けは俺に任せとけ。お前は自分のことだけ考えてやれ。ページを開く

キャッチャーをやるのには一番、いい髪型だから。ページを開く

お前らスタンドをよーく見てみろ。ほらあいつは焼きそばを食べてんだろ。あっちはカチ割りだ。お客さんなんか関係ねえ。野球なんか、ぜーんぜん、見てねえから。ページを開く

皆さんよろしゅうお願いします。私を日本一の監督にしてください。ページを開く

野球?やらせたいなんて全くなかったね。ページを開く

野球は嫌いでしたよ。ただやらされてるだけで。ページを開く

俺とかミスターは現役を終えたら山に籠もるべきだったんだ。山口百恵みたいにね。ページを開く

俺、あんまり反省しないんだ。反省って後ろばっかり振り返ることだろう。ページを開く

チェンジアップが打てる選手ならばマイナーに落ちませんので。チェンジアップだけ投げてればいいです。ページを開く

本塁打が期待できる選手ならば先発で出ていますから。ページを開く

ちょっと腕を下げて投げてごらんページを開く

覚せい剤うたずにホームラン打とう。ページを開く

一つの本塁打は二つの二塁打よりずっと良い。ページを開く

空振り三振も気持ちいいけど、振られなければバットに当たることもないので。ページを開く

チームのために、なんて言うヤツは言い訳するからね。ページを開く

ベースを回るのにグーグルマップが必要かと思った。ページを開く

どこに行っても打てそうな気はしましたけどね。ページを開く

「カルボナーラ」か「カルボラーナ」か分からなかった。ページを開く

自分をアピールするにはホームランが一番いい。ページを開く

僕はAクラスしか経験していませんから。開幕戦はすべて本拠地。開幕前にビジターの用意をして遠征バッグを出すことはなかったですね。ページを開く

口はばったい言い方ですけれど王貞治としてのバッティングができなくなったということです。ページを開く

私の夢には続きがあります。ページを開く

うな丼の山椒。あったらいいけど、なければないでいい。ページを開く

自分でサインを出しているんだから捕球するのは当たり前。ページを開く

あの法政の左を取れよ!ページを開く

一年に一回起きるか起きないかのプレーのために練習する。ページを開く

相手打者のバットをへし折るのが生きがいでした。ページを開く

死んでも浅い守備位置はとれませんでした。ページを開く

一年でも早くたくさん稼げるようになったほうがいい。ページを開く

私の野球人生は七年間でした。ページを開く

俺は投手って人種は信用していないんだ。いつぶつけられてもおかしくないと思っている。ページを開く

下手な奴に限って一番難しいバットを使っているから面白い。ページを開く

お金を高く出してくれるところがあればどこでも行きます。技術を売る人間は好き嫌いを言う必要はない。ページを開く

ヒットだけ打ってればいいんだったら、いつでも四割は打てる。ページを開く

監督なんて何もしないほうがチームは勝つ。ページを開く

苦労して勝つな。楽して結果を出せ。ページを開く

ストライクはベースの上を通って行くんだからそれを打ちゃいい。ページを開く

一塁手のファインプレーはチームメイトのミスを帳消しにできる。ページを開く

お前がやめるなら、俺もユニフォームを脱ぐ。ページを開く

チームワークなんて必要ないと思っている。ページを開く

チームメイトにいい打者がいなければ、なかなか自由に打たせてはもらえないものさ。ページを開く

早く守りましょうよ。頑張れば三分で終わるかもしれないじゃないですか。ページを開く

チャランポランにやろうじゃないか。ページを開く

本当はホームラン王は僕が取ってはいけないタイトルでした。ページを開く

僕にはホームランは毒であり、また薬でもありました。ページを開く

投げられなくなって初めて自分が野球を好きなことに気が付きました。ページを開く

つらい方の道を選べ。楽な道はいつでも選べるぞ。ページを開く

フォームを変えたと喜んでいるのは、コーチの自己満足にすぎない。ページを開く

成功、失敗を問わず、私は彼らに機会を与える。日本流のせっかちな考え方はしない。ページを開く

指揮官は勝ったときよりも負けた後どういう顔をするかのほうが難しいんだ。ページを開く

選手をほめてやってください。ページを開く

野球観が変わるようなショックを受けた。ページを開く

ついている選手には何も言うことがない。ページを開く

百球で代わるのも勇気だよ。ページを開く

一年に三十勝して三年で終わるより十勝ずつ十年やった方がいい。ページを開く

遅い球が誇りになっています。ページを開く

阻止率より、盗塁企図数そのものが減って、誰も走ってこなくなるのが理想だ。ページを開く

補殺数というのは、少なければ少ないほど誇れる数字なんです。ページを開く

よき社会人である前によき野球人たれ、というのが本当ではないかと思った。ページを開く

たかが野球、されど野球。ページを開く

男ってものはね、自分の最高の仕事にケチをつけられるのは、たまらない屈辱なんだ。ページを開く

グラウンドでは選手が神様なんだ。ページを開く

自分が作ったこのフォームは変えません。ページを開く

プロのエースのストライクに、ど真ん中はない。ページを開く

この私がルールブックだ。ページを開く

自分の一番好きなものをやって生活ができる。こんな幸せなことはないですよ。ページを開く

ボールの捕り方ぐらい分かってるさ。今さら指示されるなんてまっぴら。ページを開く

やらなくても打てますよ。ページを開く

ゴチャゴチャ考えんと楽しんで投げてこい。ページを開く

どっちかと言えばダブルプレーでアウトになるよりは三振の方がいい。ページを開く

どうせ戦争で死ぬのだと思えばそれまで好きな野球をやっていたかった。ページを開く

一軍に上がるには、とにかく目立つものがないと駄目なんだ。ページを開く

相手の能力に合わすのもプロだ。ページを開く

玄人はアベレージを大事にするもんですよ。ページを開く

プロの世界は長くやればいいというものではない。翌年のことを考えながら投げたことなんて一度もない。ページを開く

苅田の前に苅田なく、苅田の後に苅田なし。ページを開く

ファインプレーと見えたら、そいつはお粗末なプレーよ。ページを開く

男の背中は人生を象徴するんや。ページを開く

守備において十割は可能な数字。ページを開く

僕は徹底して筆を選びますよ。ページを開く

やられたらやり返すぐらいの気迫がなけりゃいかん。闘志なきものは去れ。ページを開く

給料はいらないからもう一年阪神でプレーさせてくれ。ページを開く

教えてほしかったら銭を持ってこい。ページを開く

人間、無期限だとつい甘ったれる。ページを開く

思いっきり目立ってこい。ページを開く

お前は気が小さいんじゃない、優しいんだ。。ページを開く

グラウンドには銭が落ちている。ページを開く

勝負は先に殴った方が勝つ。ページを開く

技術は自分で盗んだし盗まれる方は平気で嘘を教えた。ページを開く

一緒に戦ってきた戦友という気がしていた。ページを開く

そのカーブを打てばあいつもショックを受けるんじゃないかと思って狙ったんです。あいつの一番いい球を狙いにいった。ページを開く

記録で第一人者になってみせる。ページを開く

僕が勝つというのは、僕の方が力が上なんです。ページを開く

お前のライバルは王貞治やぞ。ページを開く

分かっていると思っても直球で勝負しました。ページを開く

自分のチームにライバルを持っていたいんです。ページを開く

ゴールが一緒ならいいじゃありませんか。ページを開く

俺が一番好きな戦法は、ホームランで点を取ること。バントなんか大嫌いなんだ。ページを開く

ピンチに強い?そんなもんピンチつくらないほうがええに決まってるやんか。ページを開く

巨人はロッテより弱い。ページを開く

もちろんないですよ。AV女優さんの知り合いはいないです。ダルさんじゃないんだから。ページを開く

百八十キロは出ていたんじゃないか。ページを開く

長嶋は役牌どころか麻雀のルールそのものを知らんかったんじゃないかと思う。もちろんそつなく牌を並べたり、ツモ牌や捨て牌もする。しかも楽しそうに打っていた。だが、ワシは長嶋が上がったのを見たことがない。ページを開く

大スターのワシが声を掛けて、断わった選手はまずおらんかった。ページを開く

野球協約をポケットに入れまして、試合中にぱらぱら見ていました。ページを開く

田中がかわいいから言うけど、金田投手に出会っていたら、連勝記録はなかったな。ページを開く

京都の遠い田舎でしたが巨人ファンだったんですよ。ページを開く

見せましょう、野球の底力を。見せましょう、野球選手の底力を。見せましょう、野球ファンの底力を。僕たちも野球の底力を信じて精いっぱいプレーします。ページを開く

南海はやっぱりあか抜けしないユニホームだね。ページを開く

こいつは間違いなくプロに行くんだから。打ったら、将来、テレビを見ながら子どもに自慢できるぞ。ページを開く

楽な感じでマウンドに上がった。二、三塁は盗塁もないし、打者だけに集中できる。ページを開く

カーブを投げてきた後は時間を取る。打席を外してみたりして、その軌道を頭から消す。落合博満さんの本に書いてあったんで、真似させてもらっている。ページを開く

野球は走者を出す勝負ではない。ページを開く

僕は大反対ですよ。そんな、プロって甘いですかね。二刀流なんてふざけるな。ピッチャーでいってダメなら野手という順番がいいと思います。ページを開く

こんなところで一番いい球を使ってどうすんじゃい。バカたれ。ページを開く

三振を取る競技ではないので何も思わない。ページを開く

もしもし、球審の柿木園です。ページを開く

清田だよ。ページを開く

私の西武ライオンズで九年指揮したなかで、もっとも気を配ったのは、投手の使い方。登板過多で選手をつぶしたことは一度もない。ページを開く

自分のことを、これまではアジアの張本と呼んでいたけれども、きょうから世界の張本と呼んでいいでしょう。ページを開く

ナンバー2の位置にいて、目立たずコツコツと勝利数を貯めるのが200勝のコツ。だから江川事件のトレードによって、俺は200勝を奪われたと思っている。ページを開く

つまり西本監督が、プロ野球史上でもっとも被本塁打率の大きい投手を、よりによって天王山の最終戦で4イニングも使っていたことに敗因があったのです。ページを開く

自分はボールに触る時間がない。重い米袋をかついで宿舎へ帰り、それを練習の基礎として鍛えた。ページを開く

生きて帰った。また野球がやれるという思いで必死にプレーした。プロ野球を作りあげて、観る人に夢と生きる希望を与えられた。ページを開く

こうやってみんなで笑顔になれたこと。日本のファンの人達、笑顔が届けられたこと。最高です。すべての方に感謝したいです。ページを開く

ファンの皆様と喜びを分かち合えるというのは日本の国にとってもね、非常に良かったなあと思っております。ページを開く

野球っつうのはね、スポーツのね、最高のものだと思いますよね。ページを開く

グラウンドにお金が落ちているってみんな言われますけど、僕はロッカーに落ちてます。ページを開く

(クロマティ選手は)謝ると絶対に手を出さない。ページを開く

アマは和して勝つ、プロは勝って和す。ページを開く

カープ時代、怒ったことは何度もあります。褒めたことはほとんどありません。怒っても怒っても立ち上がってきました。ページを開く

いや、そりゃ工藤(公康)のカーブのほうがすごいで。俺はその工藤から4打数で3安打してるからな。ページを開く

次は、初回からいいピッチングができるよう修正しないといけないですね。ページを開く

ダラダラやるわけですよ。ページを開く

勝者と敗者の間には、1センチの差しかない。俺たちはチャンピオンを目指すチームだ。きょうはチャンピオンのように闘おう。チャンピオンは、あきらめない。ページを開く

若い女性がコーヒーショップでアイスコーヒーを19杯分まとめ買いすることに。カウンターで『アイコ19』と言って注文した。次に並んでいた年配の女性は『トシコ46』と言った。ページを開く

かつては世界で10本の指に入る選手だと思っていたが、5本の間違いだった。ページを開く

わしに春団治、言うたって知らんもんね。ページを開く

グラウンドは命だと思ってる。バカだって思われるかもしらんけど、整備しながら、いつも話しかけるんよ。今日も頼むな、ショートの子は一歩目が遅いんよ、なんとかならんかな、とかね。ページを開く

本当に知らないんだ。モ、モ、モガベー?見たことないからね。ページを開く

足もスランプあるんですよ。ページを開く

21世紀枠に負けたことは末代までの恥です。ページを開く

投手の足元を抜く安打でよければ全打席打てます。ページを開く

あの月に向かって打て。ページを開く

好調なんかじゃないですよ。絶好調です。ページを開く

実はもう、カレー食べてないですよ。今年のシーズン中、一度も食べてない。ページを開く

おまえ、ほんとにたのしそうやな。ページを開く

プロ野球の入団テストに長靴で来たのは土橋正幸だけ。ページを開く

イチローからのレーザービーム攻撃だ。ページを開く