私の記憶が確かならば、かつて私の人生は全ての心が開かれてワインが流れる宴であった。 ページを開く